新・味いちもんめ 16
ためし読み
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/208
ISBN
4091871860

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/07/18
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/どぼ漬け▼第2話/葛叩き▼第3話/花山椒▼第4話/唐衣▼第5話/じゅんさい▼第6話/水無月豆腐▼第7話/ずいき▼第8話/ミョウバン▼第9話/鱧寿司▼第10話/デザート●主な登場人物/伊橋悟(何事にもアツい向上心豊かな板前。料亭「SAKURA」のNo.2から新店舗店長の内示を受ける。現在、京都で再修業中)●あらすじ/ある朝、いつものように野菜作りの名人・元を訪ねた伊橋。糠床を作るという元を手伝った伊橋は、京都には“どぼ漬け(糠漬け)"をはじめいろいろな種類の漬け物があり、人々が食べ物を大事にしてきたことを実感する。その帰り道、「さんたか」へと急ぐ伊橋はひとりの僧侶とすれ違うが、その夜、彼が客として店に現れ…(第1話)。●本巻の特徴/京都での再修業を決意し、板前割烹の店「さんたか」で目下奮闘中の伊橋。だがある日、東京から「SAKURA」の後輩・早瀬が、突然「さんたか」にやってきて…!? 京料理の魅力が詰まった充実の最新刊!!●その他の登場人物/早瀬(「SAKURA」の“追い回し")、鷺宮(レストランプロデューサー。「SAKURA」の全面プロデュースを担当)、植松辰男(京都「湯葉辰」の二代目店主。気弱だが優しい性格)、植松愛(辰男の妻。しっかり者)、植松加代子(辰男の一人娘。ちょっと生意気な小学生)、丸岡元治(京野菜の伝統を守ることに熱意を持つ農家。通称・元ちゃん)、三松(板前割烹「さんたか」の大将)、石井(「さんたか」の番頭)
〈 電子版情報 〉
新・味いちもんめ 16
Jp-e : 091871860000d0000000
ある朝、いつものように野菜作りの名人・元を訪ねた伊橋。糠床を作るという元を手伝った伊橋は、京都には“どぼ漬け(糠漬け)"をはじめいろいろな種類の漬け物があり、人々が食べ物を大事にしてきたことを実感する。その帰り道、「さんたか」へと急ぐ伊橋はひとりの僧侶とすれ違うが、その夜、彼が客として店に現れ…

あなたにオススメ!

  • 味いちもんめ 独立編 1
  • 味いちもんめ 独立編 3
  • 味いちもんめ 21
  • 味いちもんめ 独立編 2
  • ラバーズ7 4
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ