新・味いちもんめ 14
ためし読み
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/208
ISBN
4091871844

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/07/04
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/トマト▼第2話/茄子(なす)▼第3話/鱧(ハモ)祭り▼第4話/京野菜のイタリアン▼第5話/夏の宿題▼第6話/スパイス▼第7話/醤油▼第8話/若水菜▼第9話/おひたし▼第10話/明石鯛●主な登場人物/伊橋悟(何事にもアツい向上心豊かな板前。料亭「SAKURA」のNo.2から新店舗店長の内示を受ける。現在、京都で再修業中)●あらすじ/"京都一の京野菜"と言われる元ちゃんの野菜に惚れこんだ伊橋が、勉強のため畑仕事の手伝いを買って出ることに。八百屋「柚木」の軽トラに乗せてもらい、ぶっきらぼうな元ちゃんに挨拶すると早速草むしりを開始。すると、そこには以前に会った新入りの板前・鶴田の姿もあった。伊橋とは対照的に、嫌々来ているような鶴田だが…?(第1話)●本巻の特徴/京都で修業に励む伊橋が、元ちゃんの畑の野菜を使った京料理を居候先の植松家の人々に披露することに。「勉強会」と題した料理を張り切って作る伊橋だが、周囲の評価は…!?●その他の登場人物/植松辰男(京都「湯葉辰」の二代目店主。気弱だが優しい性格)、植松愛(辰男の妻。しっかり者)、植松加代子(辰男の一人娘。ちょっと生意気な小学生)、坂上徳次郎(「湯葉辰」先代からの従業員)、袖木茂(八百屋「袖木」の息子。京野菜をこよなく愛する)、丸岡元治(京野菜の伝統を守ることに熱意を持つ農家。通称・元ちゃん)、鶴田(京都にある料亭「梅乃」の追い回し。根気の乏しい若者)
〈 電子版情報 〉
新・味いちもんめ 14
Jp-e : 091871840000d0000000
"京都一の京野菜"と言われる元ちゃんの野菜に惚れこんだ伊橋が、勉強のため畑仕事の手伝いを買って出ることに。八百屋「柚木」の軽トラに乗せてもらい、ぶっきらぼうな元ちゃんに挨拶すると早速草むしりを開始。すると、そこには以前に会った新入りの板前・鶴田の姿もあった。伊橋とは対照的に、嫌々来ているような鶴田だが…?

あなたにオススメ!

  • 味いちもんめ 独立編 3
  • 味いちもんめ 独立編 1
  • 味いちもんめ 独立編 2
  • 味いちもんめ 17
  • あらかると 3
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ