新・味いちもんめ 11
ためし読み
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/224
ISBN
409187181X

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/07/04
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/蛤▼第2話/ヴィシソワーズ▼第3話/花見弁当▼第4話/ワラビ豆腐▼第5話/花冷え▼第6話/冷奴▼第7話/牛肉のたたき▼第8話/にがうりちりめん▼第9話/肉じゃが▼第10話/出汁▼第11話/子持ち昆布●主な登場人物/伊橋悟(西新橋の老舗料亭「桜花楼」に助っ人としてやってきた。現在、新店舗「SAKURA」のNo.2)、岩倉(「桜花楼」社長の息子で副社長。板場では“立板"だが、実権を握っている)、吉田(「SAKURA」の店長。副社長の腰巾着で、伊橋を疎んじている)●あらすじ/常連客の寺西から、同僚の昇進祝いで宴会の予約を受けた伊橋たち。会社勤めの辛さを語る寺西に対し、慎や早瀬たちも、忙しい最中に“ランチ"を始めようとする店への不満をこぼしてしまう。それを耳にした副社長は、寺西から受けた予約のメニューをすべて伊橋に任せると言い出した…!?(第1話)●本巻の特徴/「SAKURA」の男たちのミスをさりげなくフォローする、頑張り屋の仲居バイト・佐野。でも今日は、自分の誕生日を誰にも気付いてもらえず少し不満ぎみ。女性を怒らせると後がコワい…!?●その他の登場人物/早瀬(「SAKURA」の“追い回し")、松下(「桜花楼」の“親方"。控え目な性格だが、伊橋に刺激されて徐々にリーダーシップを)、山賀駿庵(食い意地の張った料理評論家。「桜花楼」のなじみの客)
〈 電子版情報 〉
新・味いちもんめ 11
Jp-e : 091871810000d0000000
常連客の寺西から、同僚の昇進祝いで宴会の予約を受けた伊橋たち。会社勤めの辛さを語る寺西に対し、慎や早瀬たちも、忙しい最中に“ランチ"を始めようとする店への不満をこぼしてしまう。それを耳にした副社長は、寺西から受けた予約のメニューをすべて伊橋に任せると言い出した…!?

あなたにオススメ!

  • 味いちもんめ 独立編 3
  • 味いちもんめ 11
  • 味いちもんめ 19
  • 味いちもんめ 21
  • 美味しんぼ〔小学館文庫〕 3…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ