ビッグ コミックス

イリヤッド ~入矢堂見聞録~ 6

イリヤッド ~入矢堂見聞録~ 6
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/216
ISBN
409186676X
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/マルコの隣▼第2話/ベニスの証人▼第3話/グラン・ラパン▼第4話/王様の耳▼第5話/王様の腕▼第6話/最後の手紙▼第7話/赤うさぎ▼第8話/関戸の祠●主な登場人物/入矢修造(古道具屋「入矢堂」の店主。異端の説を唱え、考古学界を追放された過去を持つ)、ユリ・エンドレ(アトランティスを探していた資産家、ヴィルヘルム・エンドレの娘。母親は日本人)●あらすじ/秘密の地下水路を知るマルコに導かれ、"ヴェネツィアの宝"と呼ばれる財宝が埋まる場所にたどり着いた入矢とピツラ教授。水路に浮かんだ小さな島のようなその場所を、入矢はスコップで懸命に掘り返していた。すると、十字架の模様が刻まれた棺のようなものが土の中から現れて…(第1話)。●本巻の特徴/ヴェネツィアに眠る聖マルコの棺の中に、"聖なる書"があるという伝説を知った入矢! アトランティスへの手がかりを発見することができるのか!? 物語は、さらに謎の核心へ迫る"赤うさぎ伝説"へも繋がっていく。●その他の登場人物/入矢淑子(入矢修造の母)、ハンス・デメル(オーストラリアの探偵。日本の"武士道"に傾倒している)

あなたにオススメ!

  • MONSTER 完全版 1
  • MONSTER 完全版 2
  • MONSTER 完全版 3
  • MONSTER 完全版 4
  • MONSTER完全版 別巻 …
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ