浮浪雲 80
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/208
ISBN
4091864805
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝"。
▼第1話/赤ちゃん▼第2話/過食の子▼第3話/娼婦・あや▼第4話/呵々大賞▼第5話/人情てんこもり▼第6話/父娘(おやこ)橋▼第7話/春の雑炊▼第8話/主婦と生活▼第9話/春雨●主な登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場「夢屋」の頭。飄々とした遊び人)、おカメ(雲の妻。夫や子供たちを大きな愛で包む女性)、新之助(雲の息子。真面目な少年)、お花(雲の娘。お転婆だが、なかなか鋭い)●あらすじ/イジメられて帰ってきた娘・お花を、無言で抱きしめてやるおカメ。その“母"としての大きな愛は、すべての母親の手本のようである。一方、とある長屋には、我が子の夜泣きに毎晩頭を悩ましている若い母親がひとり。つい、我が子に対して、手荒なことをしてしまうのであったが…!?(第1話)▼ある日、ボロボロの着物を着た女の子と出会ったことから、複雑な想いを抱きはじめたお花。仲が良かった欲次郎さんとのおしゃべりすらしなくなってしまい、少々心配顔の兄・新之助だが、一方の母・おカメは「お花の心の中はお見通しよ」とまったく心配していない様子。その言葉を受けて、新之助もしばらく様子を見てみることにしたのだが…!?(第2話)●本巻の特徴/子育てに悩む若い女性、つっぱって生きる術しか知らない娼婦、仕事に生きがいを感じられない娘…。本巻では、現代にも共通の悩みを抱えた女性たちが登場。老若男女すべてに通じる、人生指南の書をぜひ!!●その他の登場人物/欲次郎(「夢屋」の番頭。実務に長けたやり手)、渋沢先生(博学多才の隠居老人。新之助らの良き相談相手)、青田先生(新之助の通う寺子屋の先生)

あなたにオススメ!

  • 殴るぞ 1
  • 女形気三郎 3
  • 女形気三郎 6
  • 女形気三郎 7
  • 37.5℃の涙 11
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ