浮浪雲 73
定価
556円(税込)
発売日
判型/頁
B6/208
ISBN
4091864732
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/当世少年気質▼第2話/春の饂飩(うどん)▼第3話/熱血主婦▼第4話/幸せのあさって▼第5話/彼岸酒▼第6話/朦朦淡々(もうもうたんたん)六十年▼第7話/人情長屋▼第8話/大江戸ぽるの▼第9話/ごめんね●主な登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場「夢屋」の頭。飄々とした遊び人)、おカメ(雲の妻。夫や子供たちを大きな愛で包む女性)、新之助(雲の息子。真面目な少年)、お花(雲の娘。お転婆だが、なかなか鋭い)●あらすじ/新之助の友人、鹿之助は毎日生傷が絶えない様子。その話を聞いて心配するおカメさんが、鹿之助の母・お咲に事情を聞くと、臆病な鹿之助をなんとか立派な息子に育てようと毎日厳しく叱っては叩いているとのことだったが…(第1話)。▼遊びに出かけたその帰り、足をくじいてしまったおカメさん。籠にのってはどうかという定八の助言をなぜか断ってしまう。しかし病気の母のためにうどんを売っている少年が、転んでしまったのを見て…(第2話)。●その他の登場人物/欲次郎(「夢屋」の番頭。実務に長けたやり手)、渋沢先生(博学多才の隠居老人。新之助らの良き相談相手)

あなたにオススメ!

  • 黄昏流星群 10
  • 女形気三郎 3
  • 釣りバカ日誌番外編 8
  • イアラ短編シリーズ(2)ドア…
  • 美味しんぼ 85
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031