ビッグ コミックス

日露戦争物語 4

天気晴朗ナレドモ浪高シ

日露戦争物語 4
ためし読み
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/208
ISBN
4091863345

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/07/08
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第33話/策士▼第34話/袁世凱▼第35話/明日▼第36話/敗走▼第37話/道標▼第38話/自立▼第39話/無銭旅行▼第40話/友▼第41話/洋行▼第42話/嗚呼海軍兵学校▼第43話/肉体的指導●主な登場人物/秋山淳五郎真之(あきやま・じゅんごろうさねゆき。東大予備門に通う青年。後年、帝国海軍連合艦隊参謀となり、日露戦争を勝利に導く)、正岡升(通称のぼサン。淳五郎の同級生。厳格な漢学者・大原観山の孫で、勉強はできるが泣き虫。だが負けず嫌いでもあり、淳五郎とは名コンビ)●あらすじ/1884年12月、朝鮮の近代化を目指す金玉均らのクーデターは、第一段階においては成功した。だが、アジアのパワーバランスを見切って行われたその計画は、意外なところからほころび始める。そしてそのほころびを突き、袁世凱率いる清国軍の猛攻を受けることとなってしまう…(第33話)。●この巻の特徴/東大予備門に進学したものの、やりたいことが見つからないままの淳五郎。東大に飽きた熊楠は渡米するために退学、また、金玉均らのクーデターが失敗に終わったことを知った淳五郎は、自分も海外へと出ることを考え始める。その時彼の目の前にあったのは、海軍兵学校の門だった…!●その他の登場人物/秋山信三郎好古(淳五郎の厳格な兄。後に帝国陸軍騎兵を組織し、世界最強を誇ったコサック騎兵を打ち破る)、白川精一郎(豪商だった白川家の跡取り息子。陸軍学校に仕官し、秋山家に居候することに)、南方熊楠(淳五郎たちの同級生。後に膨大な数の著作を残した)、金玉均(キムオッキュン。朝鮮の歴史に名を残す憂国の志士)、徐載弼(ソジェピル。後、金玉均と共に甲申政変を企てた)、塩原金之助(淳五郎たちの東大の同級生。短気な江戸っ子。後、のぼサンと深い友情で結ばれる)
〈 電子版情報 〉
日露戦争物語 4
Jp-e : 091863340000d0000000
1884年12月、朝鮮の近代化を目指す金玉均らのクーデターは、第一段階においては成功した。だが、アジアのパワーバランスを見切って行われたその計画は、意外なところからほころび始める。そしてそのほころびを突き、袁世凱率いる清国軍の猛攻を受けることとなってしまう…。

あなたにオススメ!

  • 冬物語 6
  • 逆説の日本史24
  • とある飛空士への誓約 8
  • MAJOR(メジャー) 48
  • 日本の迷走はいつから始まった…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728