ビッグ コミックス

交通被告人前へ! 上

バトル オブ警察!の巻

交通被告人前へ! 上
定価
607円(税込)
発売日
判型/頁
B6/280
ISBN
409186211X
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
●主な登場人物/千葉浩二(貧乏なのに田舎の親に仕送りしている感心な神保大学4年生。いわれのないスピード違反容疑で捕まってしまうが、自分に嘘はつきたくないという信念のもと、裁判に持ち込む)、安西紅葉(通称モミちゃん。神保大のアイドル的存在だが、交通取り締まりマニアという妙な一面を持っている法学部生)、若宮五月(24歳の新米弁護士。美人でスタイル抜群)●あらすじ/友人・藤島の車に乗り、高速道路を70キロ程度で走っていた千葉は、ほんの一瞬赤い光に照らし出された。どうやらスピード違反の無人式自動速度取締機にひっかかってしまったらしい。同乗していた藤島は、せいぜい20キロオーバーだから心配ないと言い、千葉もそれを聞いて安心する。だが、後日千葉は警察から連絡を受け、出頭。「速度111 キロ。速度超過61キロ」と言われ大ショックを受ける。それを認めてしまえば、免停90日、罰金も10万円前後。何より一方的に罪を着せられるのは納得がいかない。彼は無実を訴えようと交通裁判所に赴くが、そこは有罪しかない略式裁判所だった。その後、同じ場に居合わせた老人に「無実なら泣き寝入りするな」と諭された千葉は、正式裁判に臨む決意を固める(第1話~第2話)。●本巻の特徴/身に覚えのないことでスピード違反にされた千葉が、理不尽な権力に敢然と立ち向かう。相手は警察、聴聞官、検察官ら、簡単には勝てそうもない者たちばかり。そんな難敵を相手に千葉は、法学部に籍を置く友人のモミちゃんや、新人女性弁護士・若宮五月らの協力も得て、公判に臨む。判決の行方は下巻で。原作は、小学館文庫から『交通違反・裁判まるわかり』を出している、交通違反と取り締まりについての専門家・今井亮一。作画は、第82回スピリッツ賞出身の期待の新人、ウヒョ助。●その他の登場人物/藤島友和(千葉の同級生。金持ちのボンボン)、吉成竜一(千葉が略式裁判所で知り合い、親しくなったヤンキー)

あなたにオススメ!

  • 駐禁ウォーズ!! 4
  • 逆転裁判
  • 駐禁ウォーズ!! 2
  • 憂国のラスプーチン 3
  • 家栽の人 15
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ