初期のURASAWA
定価
996円(税込)
発売日
判型/頁
4-6/568
ISBN
4091858309
公式サイト
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/BETA!!▼第2話/Singing Policeman▼第3話/Runnnig Policeman▼第4話/Shouting Policeman▼第5話/Fighting Policeman▼第6話/Jumping Policeman▼第7話/Flying Policeman▼第8話/Swimming Policeman▼第9話/魔術▼第10話/Return▼第11話/ストリート・コーナー・ギャングズ▼第12話/サバイバル・ラバーズ▼第13話/シナリオ▼第14話/夜の空腹者たち▼第15話/勤め人走る!!▼第16話/クラッシュ・ダンス▼第17話/N・A・S・A PART1▼第18話/N・A・S・A PART2▼第19話/放課後コネクション▼第20話/オールド・ウエスタン・ママ▼第21話/さよならMr.バニー▼第22話/大正探偵▼第23話/マイティ・ボーイ PART1▼第24話/マイティ・ボーイ PART2 ▼第25話/ラッシュ・ライフ▼第26話/新宿ララバイ▼第27話/チルドレン・チルドレン
●あらすじ/新宿にかおるという女がいる。28歳独身の売れないイラストレーターである彼女は、新宿のスナックに行っては知らない男と飲み明かし、一夜を共にしていた。そんなかおるにとって忘れられない歌がある。故郷の歌である島原の子守唄だ。「♪あん人たちゃ二つも金の指輪(ゆびがね)はめとらす…」少女の頃、この唄を口ずさむと、かおるは母親から殴られた。この唄には、“唐ゆき"と呼ばれた女性たちへのある想いが込められた唄だった……(第26話)
●本巻の特徴/巻末には、浦沢直樹のインタビュー付き。

あなたにオススメ!

  • N・A・S・A
  • 踊る警官
  • 九龍で会いましょう 下
  • へび女
  • 九龍で会いましょう 上
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ