ビッグ コミックス

20世紀少年 3

ギターを持った英雄

20世紀少年 3
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/208
ISBN
4091855334
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/ギターを持った英雄▼第2話/決意▼第3話/対決▼第4話/ブラザー▼第5話/クラスメート▼第6話/もう一人…▼第7話/サダキヨ▼第8話/空港爆破▼第9話/運命の子▼第10話/それから…▼第11話/バンコクの男
●主な登場人物/ケンヂ(37歳、独身。代々続いた酒屋をコンビニにして、姉が残していった子・カンナと、母との3人で暮らしている)、カンナ(行方不明になっているケンヂの姉・キリコの娘)、ユキジ(ケンヂの小学校時代の同級生。現在は税関職員として、空港に勤務。ちなみに女性)、ともだち(世紀末に何かを企み、カルト宗教団体的な集団を組織する謎の男)
●あらすじ/“ともだち"の元から逃げてきた男は、自分が殺したドンキーの最後の伝言をケンヂに手渡し死んだ。その手紙によると“ともだち"は本当に地球を滅ぼそうとしているという。しかも“ともだち"の正体は、かつてのケンヂやドンキーの仲間たちの内の誰かだというのだ。そして、男や神様が言ったのと同様、その手紙の最後にも「おまえが地球を救え」というメッセージが書かれていたのだった!!(第1話)。
●本巻の特徴/サンフランシスコとロンドンに細菌をばらまき、多くの人を殺した“ともだち"。その行動は、ケンヂが子供の頃に書いた「よげんの書」そのままだった。“ともだち"が主催するイベントがあることを知ったケンヂは、単身その会場へ乗り込む。そして、そこで遂に姿を現した“ともだち"は、ケンヂに「久しぶりだね」と声をかける。だが、お面をつけているので、それが誰かケンヂには分からない。ケンヂは銃で“ともだち"を撃とうとするが、“ともだち"は「カンナの父親を撃つことはできないだろ?」と衝撃的な一言を口にした。その後、ケンヂはクラス会で久々に再会したフクベエとの会話をきっかけに、“ともだち"が同じクラスだった奇妙な少年・サダキヨではないかと考える…。いくつもの事件がパズルのように絡み合い、緊迫感はより一層高まっていく!
●その他の登場人物/マルオ、ヨシツネ、ケロヨン(共にケンヂの少年時代からの仲間)、神様(見た夢がなんでも当たってしまう、不思議なホームレスの老人。仲間たちからは“神様"と呼ばれている)

あなたにオススメ!

  • CAとお呼びっ! 4
  • 早乙女タイフーン 2
  • 奈緒子 29
  • 奈緒子 26
  • 宇宙屋台へおいでませ
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ