新・味いちもんめ 9
ためし読み
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/208
ISBN
4091855199

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/06/20
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/会席料理▼第2話/盛り付け▼第3話/ゴーヤチャンプルー▼第4話/調理実習▼第5話/フグ調理免許試験▼第6話/沖縄料理▼第7話/伝統野菜▼第8話/ヘチマ▼第9話/レタス●主な登場人物/伊橋悟(向上心豊かな板前。老舗料亭「桜花楼」から、これからの日本料理を考える実験的支店「SAKURA」にNO.2として移る)、岩倉(「桜花楼」の社長の息子で副社長。板場では“立板"だが、実権を握っている)、吉田(「SAKURA」の店長。副社長の腰巾着で、伊橋を疎んじている)、松下(「桜花楼」の親方。謹厳実直で、伊橋の良い相談相手)、早瀬(「桜花楼」から「SAKURA」に移った“追い回し")、山本(「SAKURA」の新人。店では“慎"と呼ばれている。お調子者)●あらすじ/仕事で外国人を接待することになった常連客のために、会席料理のマナーの教授を買って出た伊橋と吉田。はりきるご両人だが、日頃の仲の悪さを知っている後輩たちは、ケンカになるのではないかとひやひやする。そして、いよいよ勉強会の日がやってきて…!?(第1話)●本巻の特徴/吉田を中心になんとかまとまってきた「SAKURA」の面々。そんな中、伊橋のフグ調理師免許試験も無事終わり、副社長の提案で、沖縄へ研修旅行に行くことになるが…!?●その他の登場人物/山賀駿庵(食い意地の張った料理評論家。「桜花楼」のなじみの客)、竹内(「SAKURA」の“焼き方"。地味ながら、いい仕事をする)、青田(「桜花楼」の“追い回し"から“焼き方"に昇進。早瀬とは同期)、佐野(「SAKURA」の中居。やる気満々のアルバイト学生)
〈 電子版情報 〉
新・味いちもんめ 9
Jp-e : 091855190000d0000000
仕事で外国人を接待することになった常連客のために、会席料理のマナーの教授を買って出た伊橋と吉田。はりきるご両人だが、日頃の仲の悪さを知っている後輩たちは、ケンカになるのではないかとひやひやする。そして、いよいよ勉強会の日がやってきて…!?

あなたにオススメ!

  • 味いちもんめ 独立編 3
  • 味いちもんめ 11
  • 味いちもんめ 独立編 2
  • 味いちもんめ 16
  • 築地魚河岸三代目 30
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ