ビッグ コミックス

新・味いちもんめ 2

筍☆(たけのこ)☆

新・味いちもんめ 2
ためし読み
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/216
ISBN
4091855121

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/06/06
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/コース料理▼第2話/牡蠣▼第3話/乾物▼第4話/ぐじ▼第5話/本膳料理▼第6話/蟹▼第7話/筍▼第8話/金海鼠▼第9話/タラの芽
●登場人物/伊橋悟(新宿の料亭「藤村」の板前。西新橋の老舗料亭「桜花楼」に助っ人に行くことに)、岩倉(「桜花楼」の社長の息子で副社長。板場では“立板"だが、実権を握っている)、吉田(「桜花楼」の“煮方"。副社長の腰巾着で、伊橋を疎んじている)、飯塚(「桜花楼」の“花板"。かなりの腕前だが、板場の長としての感は薄い)、早瀬(「桜花楼」の“追い回し"1年生。お調子者で酒癖が悪いが、憎めないところがある)、青田(「桜花楼」の“追い回し"1年生。まじめな努力家だが、店のシステムについて行けないものを感じている)
●あらすじ/ 庭木・生花を扱っている安岡の口利きで、「春野園芸」の華道教室に一日体験入門した伊橋。その帰り道、安岡と串揚げの店に寄るが、そのことがあらぬウワサの元になり、安野に好意を抱いている吉田に眼をつけられて……!?(第1話)▼この巻の特徴/日本料理のあり方について、副社長の岩倉と意見が分かれてしまった伊橋。考えを進めるうちに自分が「桜花楼」に出された理由が分かった伊橋は、久しぶりにボンさんに会いに行く(第9話)。
〈 電子版情報 〉
新・味いちもんめ 2
Jp-e : 091855120000d0000000
庭木・生花を扱っている安岡の口利きで、「春野園芸」の華道教室に一日体験入門した伊橋。その帰り道、安岡と串揚げの店に寄るが、そのことがあらぬウワサの元になり、安野に好意を抱いている吉田に眼をつけられて……!?

あなたにオススメ!

  • 味いちもんめ 1
  • 味いちもんめ 33
  • 味いちもんめ 11
  • 味いちもんめ 8
  • 美味しんぼ〔小学館文庫〕 3…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ