ビッグ コミックス

OUT LAW 1

親告罪の罠

OUT LAW 1
ためし読み
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/240
ISBN
4091853315

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2012/08/30
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/親告罪の罠(前編)▼第2話/親告罪の罠(後編)▼第3話/ツケ▼第4話/道具屋▼第5話/父と子▼第6話/パンドラの箱(前編)▼第7話/パンドラの箱(後編)▼第8話/違憲判決▼第9話/けったいな夫婦(前編)▼第10話/けったいな夫婦(後編)●登場人物/響大介(有能だが、法曹界の常識が通用しないため“アウトロー弁護士"と呼ばれる弁護士)、西沢ララ(大介の助手。明るくハキハキした性格で、大介にビシッとものを言えるよき相棒)●あらすじ/“アウトロー弁護士"と呼ばれる響大介の法律事務所に、「婚約者を救って欲しい!」という女性が悲痛な面持ちでやってきた。依頼主・石原珠緒の話では、彼女の婚約者・村中あつしは、サラ金経営者殺人事件の容疑者として挙げられ、当日のアリバイがないため、拘留されているということだった。依頼を引き受けた大介は、村上と接見するのだが、彼の態度や話に、何か釈然としない気持ちを抱く。それでも、物的証拠がなく、アリバイさえ証明できれば村上を釈放できると大介は考えていたが、検察側が強引に村上を起訴しようと動きはじめ……(第1話)。
〈 電子版情報 〉
OUT LAW 1
Jp-e : 091853310000d0000000
“アウトロー弁護士"と呼ばれる響大介の法律事務所に、「婚約者を救って欲しい!」という女性が悲痛な面持ちでやってきた。依頼主・石原珠緒の話では、彼女の婚約者・村中あつしは、サラ金経営者殺人事件の容疑者として挙げられ、当日のアリバイがないため、拘留されているということだった。依頼を引き受けた大介は、村上と接見するのだが、彼の態度や話に、何か釈然としない気持ちを抱く。それでも、物的証拠がなく、アリバイさえ証明できれば村上を釈放できると大介は考えていたが、検察側が強引に村上を起訴しようと動きはじめ……

あなたにオススメ!

  • シネマ 3
  • ざこ検(潮) 1
  • ギャラリーフェイク 14
  • 浮浪雲 63
  • やどかり 3
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ