ビッグ コミックス

青空 7

捨て去った過去

青空 7
ためし読み
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/208
ISBN
4091851975

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2012/08/30
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/強気の勝負▼第2話/意地の一球▼第3話/誓いのマウンド▼第4話/失投▼第5話/非常識▼第6話/あこがれの投手▼第7話/思い出は遠すぎて……▼第8話/滲(にじ)んだ夢▼第9話/曇り空▼第10話/涙は枯れて▼第11話/捨て去った過去
●主な登場人物/天野光一(幼い頃かわいがってくれた氷ちゃん、雪ネェの二人と交わした「甲子園で会おう」という約束を実現させるため、野球部を再建し、青春の全てを野球に捧げる、島根県の霞高校2年生)、三雲氷介(かつての霞高校野球部エース。障害事件を起こし、恋人の雪と町を出る。今は雪とも別れ、東京でヤクザまがいの生活を送っているが…)、沙川雪(氷介の彼女。独りぼっちだった光一を、弟のようにかわいがっていたが、暴力事件に巻き込まれ、氷介と共に故郷を離れる)
●あらすじ/夏の甲子園に向けての島根県予選。ベスト8まで勝ち進んだ霞高は、準々決勝で「島根のマグワイア」と呼ばれる強打者・五十嵐のいる社宮高と対戦する。五十嵐の狙い球は、光一の決め球であるインハイのストレート。光一は、かつて氷介に言われた「本物のバッターは、相手ピッチャーの一番自信持ってる球を狙ってくるもんだ。だから本物のピッチャーは、一番いい球を投げなくちゃならない」という言葉を思い出し、あえてインハイのストレートで勝負を挑む(第1話)。
●本巻の特徴/真っ向勝負を挑む光一と五十嵐。3打席を終えての結果は、2打数ノーヒット、1四球。そして霞高は9回表、遂に1対0とリードする。いよいよ試合は9回裏へ。バッターボックスにライバル・五十嵐を迎え、光一は…!?
●その他の登場人物/梶(氷介の元チームメイトで、現在は居酒屋経営&野球部監督)、神崎瞳(野球部マネージャー。光一に好意を寄せている)、五十嵐太一(社宮高の四番、三塁手。3年生)、山根(新宿南署の刑事。氷介を立ち直らせようとしている)
〈 電子版情報 〉
青空 7
Jp-e : 091851970000d0000000
夏の甲子園に向けての島根県予選。ベスト8まで勝ち進んだ霞高は、準々決勝で「島根のマグワイア」と呼ばれる強打者・五十嵐のいる社宮高と対戦する。五十嵐の狙い球は、光一の決め球であるインハイのストレート。光一は、かつて氷介に言われた「本物のバッターは、相手ピッチャーの一番自信持ってる球を狙ってくるもんだ。だから本物のピッチャーは、一番いい球を投げなくちゃならない」という言葉を思い出し、あえてインハイのストレートで勝負を挑む。

あなたにオススメ!

  • MAJOR(メジャー) 41
  • MAJOR(メジャー) 40
  • やったろうじゃん!! 7
  • MAJOR(メジャー) 42
  • MAJOR(メジャー) 45
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829