ビッグ コミックス

バンクーバー朝日軍 1

バンクーバー朝日軍 1
ためし読み
定価
本体552円+税
発売日
判型/頁
B6判/224
ISBN
9784091848895

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/12/09
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
海の向こうのサムライベースボール!
2003年、カナダ トロントにおいて、ある野球チームが
最高の名誉である、カナダ野球殿堂入りをした。そのチームの名は
「バンクーバー朝日軍」。この物語は、今から100年前、海を渡り、差別と貧困に喘いだ日系人に、希望と誇りをもたらし、カナダ最強といわれるまでになったサムライ野球チームのセミドキュメンタリーである。フェアプレーに徹し、白人からも熱狂的に迎えられた「朝日軍」、太平洋戦争によって強制的に解散させられた「朝日軍」、その悲しき軌跡を追う。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
2012年春、原秀則氏と、原作本の作者テッド・Y・フルモト氏とバンクーバーの取材を行い、「朝日軍」でプレーした選手で、ただ一人生存なさっている、ケイ上西さんとお会いした。日系人だけでなく、白人にも人気のあった朝日軍でプレーをした事への誇りが、戦後の苦しい生活を支えた…と語っていた。 原秀則氏とその夜、語り合った。WBCで日本が優勝する100年近く前に、世界に誇れるサムライ野球チームがあったことを、今の日本人に伝えたい。いや、知らなければならない。単に野球を描くのではない、単に歴史を描くのではない、人が生きていくための希望を描くんだと……
戦争が奪い去った朝日軍を、今、誌上で甦らせる!!
〈 目次をみる 〉
(目次)
第1球 NO DOGS &NO ALLOWED
第2球 もう野球なんかしないんだ
第3球 しっかり働けよJAPども!
第4球 PLAYしようぜ!
第5球 お兄ちゃんは、野球上手だよ
第6球 この国はオレたち白人のものだ!
第7球 昇る朝日のように
第8球 それでも我慢しろって言うのか?         
第9球 ユニフォームとは生意気な!
〈 電子版情報 〉
バンクーバー朝日軍 1
Jp-e : 091848890000d0000000
2003年、カナダ・トロントにおいて、ある野球チームが最高の名誉である、カナダ野球殿堂入りをした。
そのチームの名は「バンクーバー朝日軍」。
この物語は、今から100年前、海を渡り、差別と貧困に喘いだ日系人に、希望と誇りをもたらし、
カナダ最強といわれるまでになったサムライ野球チームのセミドキュメンタリーである。
フェアプレーに徹し、白人からも熱狂的に迎えられた「朝日軍」、
太平洋戦争によって強制的に解散させられた「朝日軍」、その悲しき軌跡を追う。

あなたにオススメ!

  • 記念試合
  • ミラクルボール 11
  • 逆説の日本史6 中世神風編
  • 総理の椅子 4
  • 太平洋戦争 最後の証言 第三…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ