ビッグ コミックス

シネマ 3

夜の大捜査線

シネマ 3
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/216
ISBN
4091845851
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/白い巨塔の群れ▼第2話/愛がなくちゃね▼第3話/熱い国から来た男▼第4話/夜の大捜査線▼第5話/理由などないの▼第6話/招かれざる客▼第7話/影の車▼第8話/そこに奴が!▼第9話/雪の降る町▼第10話/何もない岬▼第11話/こんな夢を見た●登場人物/サバニ(ある日突然「江の島名画館」に現れた謎の男。映画に傾ける情熱は半端じゃない)、朝美(自分の仕事に誇りを持つ「江の島名画館」の映写技師。)ケンジ(朝美を慕って「江の島名画館」にやって来た映写助手)、支配人(「江の島名画館」の少々気の弱いオーナー)、鮫田(「江の島名画館」に勤務。現実主義者)、西野武夫(「江の島名画館」に現れた、ある大物映画監督にそっくりの、ワケありげな男)●あらすじ/サバニを新進映像作家として売り込もうという西野のもくろみは成功し、サバニたちにあるTV局から仕事の依頼が舞い込んできた。それは12年間も続いたサスペンスドラマ『古田京介シリーズ』の最終回の撮影という、かなりデカイ企画だった。ほとんど素人に等しいサバニたちの起用に、当然、TV局制作部やスポンサーは大反対。しかし、サバニを使いたいとこだわっていたのは、“エレファントマン"と呼ばれている怪しげな覆面をする、かなりの実権を握っていると思われる男だったのだが……(第1話)。●その他の登場人物/沖田総太郎(人気ドラマ『敏腕刑事・古田京介』の主演男優)、黒皮金次郎(14年前に起きた強盗殺人事件の容疑者)

あなたにオススメ!

  • マジデカ 1
  • まちこSHINING 2
  • MONSTER 12
  • あどりぶシネ倶楽部
  • 東京刑事 3
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ