七夕の国 1
ためし読み
定価
本体486円+税
発売日
判型/頁
B6/208
ISBN
409184541X

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2015/03/13
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
ファン待望の単行本化! 鬼才・岩明均が贈るホラー・サスペンス!!
▼第1話/カササギの旗▼第2話/超能力者▼第3話/穴▼第4話/40万円の模型▼第5話/ガッピーン▼第6話/若殿様▼第7話/応答 ●登場人物/南丸洋二(超能力を持つ大学生で、超能力一族・丸神家の末裔。通称ナンマル)、幸子(超能力者の兄を持つ、丸川町に住むフリーター)、江見小百合(洋二が通っている大学の講師) ●あらすじ/戦国時代の旧暦4月、島寺家では当主・島寺通康と家臣らが、戦会議を開いていた。敵である最上氏との打ち合いを有利にするためには、「丸神の里」に城を建てた方がいいという結論に達した。そこで島寺は、「丸神の里」出身である南丸忠頼に城建設を命じたが、忠頼は「もうじき里の者にとって重要な祭りが始まる」と、島寺に城建設の考えを改めるよう懇願した。だがその願いは受け入れられず、忠頼は首を斬られてしまう(第1話)。▼戦国時代から時はたち、舞台は現代に移る。ある大学に通う南丸洋二は超能力を持っていた。だがそれは微々たるものであった。ある日、洋二は丸神教授に呼び出される。教授が自分の能力の研究のために呼び出したと思い込み、研究室に出向く洋二。だがそこには教授はおらず、代わりに講師の江見の質問を受ける。一族に関することを聞き出す江見であったが、洋二には質問の意図が全くくみ取れない(第2話)。 ●本巻の特徴/第1巻で、洋二は自身のルーツを知る。また、自分のルーツを探っていた丸神教授が行方不明になり、ちょうどその時、丸川町では奇妙な殺人事件が発生するこれはどうやら丸神教授失踪と何らかの関係があるようだが…… ●その他の登場キャラクター/洋二の後輩・亜紀(第2~4話)、多賀谷守(第2~7話)、桜木知子(第3~7話)、川手正行(第4~7話)、幸子の兄・高志(第7話)
〈 電子版情報 〉
七夕の国 1
Jp-e : 091845410000d0000000
ちょっとした超能力が使えるのが取り柄の南丸こと、ナン丸はある日、知り合いでもない民俗学の教授・丸神から呼び出しを受けた。だが丸神は調査のため「丸神の里」へ行ったきりで戻っておらず、残された研究生からは「教授とナン丸は、同じルーツを持つらしい」と告げられ、心当たりを尋ねられた。だが何も知らない--。いっぽう「丸神の里」東北の丸川町では、殺害方法のわからない猟奇事件が起きた。失踪した丸神教授の研究内容と足取りを追って、丸神ゼミとナン丸は「丸神の里へ」おもむくが…。

あなたにオススメ!

  • 七夕の国 1
  • 七夕の国 3
  • 七夕の国 2
  • 宗像教授異考録 1
  • 龍-RON-(ロン) 18
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ