ビッグ コミックス

strain 2

日本人

strain 2
ためし読み
定価
本体486円+税
発売日
判型/頁
B6/208
ISBN
4091845320

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/08/08
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
“殺しの値段は5ドル"-経歴不詳の殺し屋・馬勇と少女・シオンの運命は!
▼第1話/日本人▼第2話/標的▼第3話/資格▼第4話/取引▼第5話/祈り▼第6話/脅し▼第7話/亡骸▼第8話/小犬 ●主な登場人物/馬勇(マヨ。5ドルで殺しを引き受ける謎の殺し屋)、シオン(マレーシア人の母と日本人の父に持つ少女)、日下俊一郎(日本有数の企業グループ“KUSAKA"の若き総帥) ●あらすじ/シオンの父親は、日本有数の企業グループ“KUSAKA"を率いる日下俊一郎であることがわかった。この衝撃的な事実を知ったマヨは「オレは“マヨ"を捨てる! 日本人の名前に戻る!」ことを決意する。すべては、このシオンの命を付け狙う何者かから、このか弱き少女を守るためだ。実は、このマヨの本名は日下慎吾といい、シオンの父・日下俊一郎の異母兄弟だったのだ! いわば、マヨも日下の一族(strain)だったのだ。シオン、慎吾、そして俊一郎。日下に関係する三人は、どんな過去が隠されているのか? そして、これからは? 今、日下のstrainをめぐる本当の戦いの幕が上がろうとしている。 ●その他の登場キャラクター/村井(“KUSAKA"の幹部社員)、青木(“KUSAKA"のクアラルンプール支社社員)、京子(マレーシアの高級クラブのママ)、祭(馬勇への殺しの依頼の仲介者で、マレーシアの裏社会に精通している老人)、楊(ヤン。クアラルンプールのチンピラ)、リヤンスー(楊の妻)、エンジェル(マレーシアで最も危険な殺し屋)、室戸(日下俊一郎に心酔している極道)
〈 電子版情報 〉
strain 2
Jp-e : 091845320000d0000000
シオンの父親は、日本有数の企業グループ「KUSAKA」を率いる日下俊一郎であることがわかった。この衝撃的な事実を知ったマヨは「オレは『マヨ』を捨てる!日本人の名前に戻る!」ことを決意する。すべては、このシオンの命を付け狙う何者かから、このか弱き少女を守るためだった。

あなたにオススメ!

  • strain 1
  • strain 2
  • 史村翔 武論尊 池上遼一 W…
  • 史村翔 武論尊 池上遼一 W…
  • あずみ 9
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ