ビッグ コミックス

strain 1

馬勇☆(マヨ)☆

strain 1
ためし読み
定価
本体486円+税
発売日
判型/頁
B6/224
ISBN
4091845312

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/08/08
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
“殺しの値段は5ドル"-経歴不詳の殺し屋・馬勇と少女・シオンの運命は!
▼第1話/馬勇(マヨ)▼第2話/亡霊▼第3話/雛鳥▼第4話/駒ケ岳▼第5話/死刑判決▼第6話/青い空▼第7話/写真▼第8話/宝物 ●主な登場人物/馬勇(マヨ。5ドルで殺しを引き受ける謎の殺し屋。詳しい素性は不明)、シオン(マレーシア人の母、そして日本人を父に持つ少女) ●あらすじ/マレーシアの首都・クアラルンプール。そこに5ドルで殺しを引き受ける男がいた。その男の通り名は馬勇(マヨ)といい、それ以外の経歴・素性はまったく不明。ある日、新たな殺人の依頼が舞い込み、その依頼者から渡された住所に馬勇が行ってみるとターゲットは病気の女性だった。しかも、その女性にはシオンという年端もいかない娘がいた。そのいたいけな少女・シオンに哀願された馬勇は、なんと最初の依頼人を殺してしまう。その殺された依頼人はマレーシアの暗黒街の組織の人間であり、またその背後には日本有数の企業グループ“KUSAKA"の影があった……いったい、この母娘と“KUSAKA"とはどんな関係があるのか? ●その他の登場キャラクター/日下俊一郎(日本有数の企業グループ“KUSAKA"の若き総帥)、村井(“KUSAKA"の幹部社員)、青木(“KUSAKA"のクアラルンプール支社社員)、京子(マレーシアの高級クラブのママ)、祭(馬勇への殺しの依頼の仲介者で、マレーシアの裏社会に精通している老人)、楊(ヤン。クアラルンプールのチンピラ)、リャンスー(楊の妻)、エンジェル(マレーシアで最も危険な殺し屋) ●その他のデータ/上流/アップストリーム・下流/ダウンストリーム(第7話)
〈 電子版情報 〉
strain 1
Jp-e : 091845310000d0000000
5ドルで殺人を引き受ける虚無的な殺し屋・馬勇(マヨ)。日本人を父に持つ少女・シオン。二人の宿命的な出会いで、運命の歯車が回りだす……マレーシアの首都・クアラルンプールを舞台に繰り広げられる、ダイナミックな“strain(血族)"の物語。

あなたにオススメ!

  • 史村翔 武論尊 池上遼一 W…
  • strain 1
  • 史村翔 武論尊 池上遼一 W…
  • strain 3
  • ブラック・ラグーン 3
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ