星々の宴 1
定価
535円(税込)
発売日
判型/頁
B6/216
ISBN
4091845118
公式サイト
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
血縁関係のない三人の女性と家族のように暮らす平井和男の奇妙な日常。
▼第1話/何万光年の夜▼第2話/残された者たちの朝▼第3話/クールブルースカイ▼第4話/水の星の水の家族(前編)▼第5話/水の星の水の家族(後編)▼第6話/星の降る里 ●登場人物/平井和男(通称・びんちゃん。バイク便のバイトをする21歳の大学生)、麗子(通称・姉貴。出版社に勤める26歳のOL)、おばさん(生命保険の外交員。35歳)、ママ(クラブのママ、42歳。本名・藤沢塔子) ●あらすじ/バイク便ライダーをしている平井和男は、血の繋がらない三人の女性とひとつ屋根の下で家族のように暮らしていた。それは、小さな出版社に勤める麗子。哀しい過去を持ちながらも保険外交員として明るく生きる“おばさん"。そして、みんなから母親代わりとなっているクラブのママの三人。この三人の女性から“びんちゃん"と呼ばれて家族のように暮らしながらも、彼はその三人すべてと男と女の関係を持っていた。この奇妙な生活を続けていた“びんちゃん"だったが、ある日カナと名乗る女性と出会ったことで、その生活が少しずつ変化し始める……(第1話)

あなたにオススメ!

  • 捨てがたき人々 2
  • 金魚のフン 5
  • 金魚のフン 4
  • OUT LAW 2
  • スーパパン
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ