ビッグ コミックス

演歌の逹 7

夢を追って

演歌の逹 7
ためし読み
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/216
ISBN
4091844979

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2012/08/30
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/外は白い雪の夜▼第2話/戻れない道▼第3話/心のこり▼第4話/嵐を呼ぶ男▼第5話/誘惑▼第6話/いつのまにか少女は▼第7話/夢を追って▼第8話/あきらめワルツ▼第9話/今日をこえて●登場人物/越川達(いつの日か“演歌の達"と呼ばれるのを夢見て頑張る駆け出しディレクター。テイトウレコード第五制作部勤務)、稲城壮一(作曲家生活40年を迎えた演歌界の大御所)、佐野世津子(稲城壮一の元・内弟子)、森治道(実力派シンガー・ソングライター)、山根福美(ラジオ東都の番組ディレクター)、天野史郎(テイトウレコードに移籍してきたベテラン演歌歌手)●あらすじ/「聴いてもらいたい歌がある」。意中の人・フクちゃんと食事の約束があったにもかかわらず、ベテラン歌手・天野の呼び出しに応じた達。達をわざわざ呼び出して聞かせたかっただけあって、天野は、メロディーと詞とが調和した、見事な歌を聞かせるのだった。シングルでも勝負できそうな見事な出来栄えのその曲に、達は疑問を抱く。「どうしてお蔵入りせにゃならんかったのですか?」。そんな達の問いに、天野は静かに語り始めるのだった(第1話)。
〈 電子版情報 〉
演歌の達 7
Jp-e : 091844970000d0000000
「聴いてもらいたい歌がある」。意中の人・フクちゃんと食事の約束があったにもかかわらず、ベテラン歌手・天野の呼び出しに応じた達。達をわざわざ呼び出して聞かせたかっただけあって、天野は、メロディーと詞とが調和した、見事な歌を聞かせるのだった。シングルでも勝負できそうな見事な出来栄えのその曲に、達は疑問を抱く。「どうしてお蔵入りせにゃならんかったのですか?」。そんな達の問いに、天野は静かに語り始めるのだった。

あなたにオススメ!

  • 宙舞 ―そらん― 1
  • 青空 7
  • 黄昏流星群 28
  • 男の操
  • イキガミ 2
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728