ビッグ コミックス

HOTEL 35

赤川、部下を持つ

HOTEL 35
定価
本体486円+税
発売日
判型/頁
B6/208
ISBN
4091844758
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
大型ホテルを舞台に繰り広げられる人間模様を描いた人気作!
▼第305話/赤川の決断▼第306話/柴田登場▼第307話/指輪物語▼第308話/同郷の客▼第309話/ゴースト▼第310話/モナ王女の休日1▼第311話/モナ王女の休日2▼第312話/台風が来た夜▼第313話/ブルーコレクション
●登場人物/東堂克生(東京プラトンのジェネラルマネージャー)、赤川一平(巨大ホテル・プラトンのホテルマン。ニューヨーク・プラトンでの勤務を果たし、東京プラトンのフロントに無事復帰)、倉田裕美(東京プラトンのフロント)、松田利春(東京プラトンのベテラン・フロント)、清水秀樹(東京プラトンのフロント。赤川の後輩)
●あらすじ/フロントに仮配属された本丸は極度のあがり症で、今日も赤川たちの悩みの種となっている。本丸の査定を命じられ、フロントに残すべきかどうか迷う赤川。報告を明日に控えたある日のこと、赤川は物陰からフロントの様子を窺う女性に気付く。不思議に思った赤川が事情を聞いてみると、その女性は本丸の姉だった。彼女はいじめられっ子だった本丸の過去を赤川に語り始める(第305話)。▼フロントに新たに配属された柴田は大の合理主義者。まずは自分の下で仕事を覚えさせようとする赤川の考えを「古い」と退け、いきなり現場に入ることを主張する。自信過剰気味の柴田に赤川はすっかり手を焼かされていた。赤川がフロントの責任者となったある日、国際政治評論家として著名な河村勇一氏が宿泊するが、カードに記入されたのは偽名だった(第306話)。
●本巻の特徴/ヨーロッパ社交界で話題のモナ王女がプラトンに宿泊することを知り、がぜん張りきる赤川だったが、総務から休暇を命じられてしまう。しぶしぶプラトンを後にする赤川の前に、モリアーナと名乗る少女が現われる…
●その他の登場人物/本丸真(東京プラトンの新入社員。フロントに仮配属)、柴田直也(東京プラトンの新入社員。本丸とは同期。フロントに配属され、赤川の部下として働くことに)、モナ王女(若さと美貌で知られるトリア公国の王女。国連親善大使として来日し、プラトンに宿泊する)

あなたにオススメ!

  • HOTEL 24
  • HOTEL 23
  • HOTEL 22
  • HOTEL 25
  • 南倍南勝負録 玄人(プロ)の…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ