ビッグ コミックス

編集王 16

さよならの朝

編集王 16
ためし読み
定価
本体486円+税
発売日
判型/頁
B6/216
ISBN
409184376X

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/06/10
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
▼第172話/さよならをもう一度▼第173話/さよなら記念日▼第174話/さよならの核弾頭▼第175話/さよなら出船▼第176話/さよなら夏の日▼第177話/グッバイ・モーニング▼第178話/さよならからはじまる物語▼第179話/君に告げたあの時のさよならは▼第180話/さよならはともだちさ▼第181話/さよならのかわりに▼最終話/さよならの朝
●登場人物/桃井環八(『ヤングシャウト』編集部でアルバイトをしている元ボクサー。通称カンパチ)、青梅広道(カンパチの幼なじみで、編集部デスク。通称ヒロ兄ィ)、陳子昂(ちんすこう。支配社のライバル会社・講学館の新社長)
●あらすじ/『ヤングシャウト』編集部の三京が、『ヤングナッツ』編集部にやって来た。有能な作家が引き抜かれたため、ライバル誌の新連載の発売日に合わせて同じ日、そして同じジャンルの新連載を始めようと連載予定を聞いてきたのだ。原稿を破るという脅しに受けて立つと、『ヤングナッツ』編集部は予定を教えてしまう。(第172話)。▼『ヤングシャウト』は連載予定を入手したため、柔道マンガには柔道マンガを、俳句モノには短歌モノをと、『ヤングナッツ』と似た内容で、さらに面白い漫画を載せてきた。それを見た講学館の新社長、陳子昂はある考えを持って、印刷所に向かう(第173話)。
●本巻の特徴/作家の引き抜きだけでなく、内容、値段とさらに競争が激化する『ヤングシャウト』と『ヤングナッツ』。この2つの出版社の戦争に注目したテレビ局が、講学館と支配社の社長を舌戦(バトル)させる。テレビ放送で、講学館の陳社長は爆弾発言をしてしまう。
●その他の登場キャラクター/三京(第172話) 、疎井(175~181話)
〈 電子版情報 〉
編集王 16
Jp-e : 091843760000d0000000
『ヤングシャウト』編集部の三京が、『ヤングナッツ』編集部にやって来た。有能な作家が引き抜かれたため、ライバル誌の新連載の発売日に合わせて同じ日、そして同じジャンルの新連載を始めようと連載予定を聞いてきたのだ。原稿を破るという脅しに受けて立つと、『ヤングナッツ』編集部は予定を教えてしまう。

あなたにオススメ!

  • 編集王〔小学館文庫〕 10
  • 編集王〔小学館文庫〕 9
  • 編集王〔小学館文庫〕 2
  • 編集王〔小学館文庫〕 8
  • RAINBOW 17
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ