みのり伝説 7
ためし読み
定価
本体486円+税
発売日
判型/頁
B6/216
ISBN
4091835678
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
大作家を夢見てひたすら頑張るライター、杉苗みのりの奮闘記
▼第1話/駆け出しの女▼第2話/幸福さんいらっしゃい▼第3話/ねばってます▼第4話/赤いウエディングドレス▼第5話/獅子座と射手座▼第6話/ふたつのデート▼第7話/逢いたくて▼第8話/美人ライター▼第9話/オ帰り!! ●登場人物/杉苗みのり(フリーライター。将来の目標は作家)、野口まさ子(「イオニア」の新米編集者)、望月卓也(大手出版社の編集者。みのりと婚約していた) ●あらすじ/みのりの憧れの雑誌「イオニア」から化粧品に関する執筆依頼がきた。「イオニア」編集部に出向き、内部の様子を観察していたみのりは、上司に怒られてばかりいる女性・野口まさ子を見かける。実は、まさ子がみのりの担当編集者であったのだ。打ち合わせを始めようとした矢先、まさ子はみのりに謝り始める。入稿が早まったことと、化粧品の製品数が増えたことを伝え忘れていたのだった。落ち込む野口を励ますみのり。だが、打ち合わせの帰り、実はみのりは他のライターの代役であったことを知る。これを聞き、一気に落ち込むみのりであったが……(第1話)。▼自身の企画が通り、みのりと組んで特集を担当することになったまさ子。失敗はあったものの、何とか取材を進めていた。だが、女性レーサーの取材日、彼女が事故を起こし取材ができない、という状況に陥ってしまう。あわてて代役を探すみのりとまさ子だが、なかなか見つからない。しかも、次の日に取材で会う予定になっていた女性シタール奏者が、イタリアに行っていることがわかり、まさに最悪な事態になってしまい……(第2話)。 ●本巻の特長/第7巻では、みのりが以前取材をした「ゆらり」のメンバー、江口に思いもかけぬ告白を受け、さらに週刊誌にスクープされてしまう。また、望月は、「イオニア」の新米編集者、野口まさ子と少しいい関係になっていく。元婚約者同士、それぞれに転機が訪れつつあった。 ●その他の登場キャラクター/バー「ミストラル」のママ(第1~3話)、渡辺臣伎(第4話)、「ゆらり」のメンバー・江口(第5~9話)、高木麗奈(第7、9話)

あなたにオススメ!

  • 月色狂想曲 1
  • だから笑介 17
  • 大樹の道 2
  • みつめさんは今日も完食 3
  • 月色狂想曲 3
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ