みのり伝説 3
ためし読み
定価
本体485円+税
発売日
判型/頁
B6/232
ISBN
4091835635
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
大作家を夢見てひたすら頑張るライター、杉苗みのりの奮闘記
▼第1話/シネマパラダイス▼第2話/峠をこえて▼第3話/ああ結婚▼第4話/風邪の女▼第5話/恐るべき子▼第6話/店においでよ▼第7話/三分咲きの男▼第8話/幽体離脱▼第9話/八分咲きの男 ●登場人物/杉苗みのり(28歳、独身。大作家を夢見て、弱小出版社を辞めたフリーライター) ●あらすじ/みのりは、「私をつらぬいた一本の映画」という企画ページで、イラストレーターの青木文男を取材した。青木は兄弟の悲しい愛憎を描いた「青春のすべて」という映画が嫌いだと言う。それは、彼に子供の頃、実の兄を見捨てたという悲しい経験あったからだ。みのりはそのことを記事に書くが、青木はそれを載せないで欲しい言いだす(第1話)。▼編集部でベテラン女性ライターの冴島京子に会ったみのり。しかし、最近の冴島の文章は評判が悪い。そんな冴島の代わりに、みのりが書かないかと言われた(第2話)。▼ライター仲間の臣伎が結婚することになった。しかし、まだまだ仕事を続けたい臣伎は、結婚に乗り気ではない(第3話)。 ●その他の登場キャラクター/望月卓也(第2、4、5、7、8、9話)、渡辺臣伎(第3、6話)、ミストラルのママ(第4、5話)、織田功(第7、8、9話)

あなたにオススメ!

  • 編集王 3
  • 編集王 4
  • 黄昏流星群 22
  • 黄昏流星群 26
  • 編集王〔小学館文庫〕 2
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031