ビッグ コミックス

あずみ 7

草笛とマント

あずみ 7
ためし読み
定価
本体486円+税
発売日
判型/頁
B6/224
ISBN
4091835473

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2012/08/30
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
刺客として純粋培養された美少女剣士・あずみの哀しくも凄絶な物語。
▼第1話/命と誇り▼第2話/ホタルの夜▼第3話/秀忠と宗矩▼第4話/真実の行方▼第5話/罠▼第6話/無法と腕自慢▼第7話/上意により…▼第8話/草笛とマント ●登場人物/あずみ(爺の手によって、物心つかぬうちから他の仲間達と共に純粋培養された精鋭の刺客)、爺(じじ。小幡月斎) ●あらすじ/“柳生新陰流"を名乗る剣士達に爺が襲われる。爺は危うく殺されそうになるが、すんでのところに駆け付けたあずみによって助けられる。“柳生新陰流"といえば、徳川家お抱えの流派。「今まで、自分達は徳川のために闘ってきたのに、なぜ?」…と、この爺への襲撃に対してあずみは徳川に抜きがたい不信感を抱く。一方の爺は、これには徳川家内の権力闘争が絡んでいると考える。そこで、その真相を確かめるべく、駿府城に向かう。そこには、爺が深い恩義を受けている僧侶で、家康のブレーンでもある天海がいるはずだからだ。駿府城に到着した爺は、あずみを残して単身で登城するのだが… ●本巻の特徴/味方である徳川家の者から、爺が命を狙われたことで、あずみの徳川への不信感は募る。 ●その他の登場キャラクター/土橋又吾郎・尾形太一郎・立野要助・北村左門(あずみと爺を付け狙う“柳生新陰流"の剣士)(第1話)、上月数馬(あずみの動向を探っている剣士)(第1話)、徳川秀忠(第2話)、柳生宗矩(“柳生新陰流"の創始者・石舟斎の五男。徳川将軍家の剣法指南役)(第2話)、天海(天台宗の僧侶。徳川家康のブレーン)(第6話)、伴左近・播磨小次郎(捕らえた爺を護送する剣士)(第6話) ●その他のデータ/無形(むぎょう)の位(第1話)
〈 電子版情報 〉
あずみ 7
Jp-e : 091835470000d0000000
“柳生新陰流"を名乗る剣士達に爺が襲われる。爺は危うく殺されそうになるが、すんでのところに駆け付けたあずみによって助けられる。“柳生新陰流"といえば、徳川家お抱えの流派。「今まで、自分達は徳川のために闘ってきたのに、なぜ?」…と、この爺への襲撃に対してあずみは徳川に抜きがたい不信感を抱く。一方の爺は、これには徳川家内の権力闘争が絡んでいると考える。そこで、その真相を確かめるべく、駿府城に向かう。そこには、爺が深い恩義を受けている僧侶で、家康のブレーンでもある天海がいるはずだからだ。駿府城に到着した爺は、あずみを残して単身で登城するのだが…

あなたにオススメ!

  • あずみ 4
  • あずみ 18
  • 徳川将軍15代
  • あずみ 16
  • 嘘つきは殿様のはじまり 3
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ