ビッグ コミックス

メドゥーサ 11

祝田橋交差点

メドゥーサ 11
ためし読み
定価
本体485円+税
発売日
判型/頁
B6/224
ISBN
4091835112

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2012/12/04
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
政界を舞台に、龍男と陽子の激しい愛を描いた、異色政治ロマン!!
▼第1話/龍と龍▼第2話/衛星からの踏み絵▼第3話/開票の夜▼第4話/希望の夜明け▼第5話/祝田橋交差点▼第6話/殺戮者たちの契約▼第7話/殺戮者からの招待状▼第8話/初公判で▼第9話/ワンマン・アーミー▼第10話/ラスト・ステージ ●登場人物/榊龍男(新党「創樹会」党首で、内閣総理大臣。榊陽子の義兄)、榊陽子(元城東大学全闘委。ローズ・ガーデン疑惑の容疑者)、寺田(フリーのジャーナリストで、龍男の友人)、榊麗子(田丸善太の娘で、龍男の妻)、山路敏彦(元城東大学全闘委。パレスチナの過激派グループに属し、ムハマドと名乗る) ●あらすじ/寺田は、収録した陽子のローズ・ガーデンに関する告白を、アメリカのケーブルテレビ局に売り込んだ。だが、番組編成部長は、日本の政局は言うに及ばず、アメリカの対日政策をも動かしかねないと告白の放送を見送る姿勢を示した。そんな彼に寺田は、日本のマスメディアや政局を変えたいとひるまなかった(第1話)。▼陽子の告白が遂に放送された。この放送を見た法務省地検特捜部の神谷は、民自党の佐倉元総理逮捕を決行した。選挙を2週間後に控えた国会議員逮捕は、政局を大いに揺るがすものとなった(第2話)。 ●本巻の特徴/龍男は選挙に当選、遂に内閣総理大臣になる。一方山路は、穏健派のパダウィ議長を銃撃、バンダルを殺害し、陽子を取り戻すために日本へ帰国する。正式逮捕された陽子は、初公判の日に山路に捕えられ、原子力発電所へ連れられる。 ●主な登場キャラクター/橋上龍三郎(第1、3話)、松下登(第2話)、天動要(第2、3話)、神谷力(第2、8~10話)、小倉一郎(第3、4話)、風間(第3話)、鬼頭(第4、5、9、10話)、バンダル(第5、6話
〈 電子版情報 〉
メドゥーサ 11
Jp-e : 091835110000d0000000
龍男は選挙に当選、遂に内閣総理大臣になる。一方山路は、穏健派のパダウィ議長を銃撃、バンダルを殺害し、陽子を取り戻すために日本へ帰国する。正式逮捕された陽子は、初公判の日に山路に捕えられ、原子力発電所へ連れられる。

あなたにオススメ!

  • メドゥーサ 7
  • メドゥーサ 8
  • メドゥーサ 4
  • メドゥーサ 3
  • 憂国のラスプーチン 5
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ