ビッグ コミックス

斗馬 2

父の命

斗馬 2
定価
534円(税込)
発売日
判型/頁
B6/208
ISBN
4091834825
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/父の命▼第2話/策略▼第3話/父の背中▼第4話/父の思い出▼第5話/逮捕令状▼第6話/金の重さ▼第7話/幽霊と勝負師▼第8話/進路希望●登場人物/加納斗馬(大物総会屋を父に持つ少年)、加納清正(“怪物"清正の異名を持つ大物総会屋)、荒神武(東大を卒業したばかりの若手総会屋)●あらすじ/かつて、ある企業の乗っ取りを企てたものの加納清正にじゃまをされて破産した男・辻久蔵。これを恨みに思った辻は、清正と敵対している総会屋集団“紅経発"荒神の所へ行き、清正の命と引替に自分をメンバーにして欲しいと頼み、家から出てきた清正を刺す。この日は中塚製薬の大事な株主総会の日。辻に刺されたものの清正は総会に、どうしても行かなければならない。清正が頼みにしている“三家仙"は、水野以外は荒神の妨害で会場に来ていない。“紅経発"の妨害で総会は長引き、清正の傷口は開き出血もひどくなりつつあった。一時も早く総会を終わらせ、傷口の手当てをしなければ、清正の命が危ない状況になってきた。そこへ、荒神本人が現われ、議長に発言を求めた。いよいよ清正と荒神の対決となった。斗馬は、父親の身を案じて会場に向かいつつあった……●この巻の特徴/父親・清正が自分の目の前で刺され、株主総会会場で死ぬ。この哀しみを乗り越えて成長していく斗馬の高校時代までが得が描かれる。●その他の登場キャラクター/中塚秀行(中塚製薬の創業者)、藤堂鏡介(清正の三家仙の一人。“潰し屋[強制渉外]"担当)、一ノ瀬三次(清正の三家仙の一人。“掻き回し屋[情報操作]"担当)、水野吉辰(清正の三家仙の一人。“金庫番[相場師]")、香川深雪(水野の婚約者)、山代(斗馬の同級生)

あなたにオススメ!

  • 美味しんぼ 90
  • 僕の死に方 エンディングダイ…
  • 100億の男 9
  • 100億の男 10
  • 漂海のレクキール〔ガガガ〕 …
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ