ビッグ コミックス

SHOP自分 6

新しい旅

SHOP自分 6
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/208
ISBN
4091834485
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
●主な登場人物/野々島直人(通称・チョク。中堅会社「丸十」に勤務するサラリーマンだったが、会社が倒産。第2の人生を古着店「ホップ」の店主としてスタートする)、吉本マキ(古着店「オニール」に勤める女の子。チョクとは一度別れたが、またよりを戻す)、京子(以前チョクに世話になった女子大生。「ホップ」を手伝い、チョクを慕っているが、別な男性の愛人をしている)、大家さん(1階は店舗、2階はその店主たちが住むスペース「SHOP自分」を経営する。その正体が本巻で明らかに!)
●あらすじ/チョクとよりを戻したマキは、京子が「ホップ」を手伝っていることが面白くない。一方の京子には辞める気がなく、チョクの周辺には気まずい雰囲気が…。また、マキには元カレの黒井が今も言い寄っていた。マキのことを待ち伏せしていた黒井とケンカになってしまったチョクは、生まれて初めて人を殴り、なんとも言えないイヤな気分になってしまう…(第55話)。
●本巻の特徴/マキ、京子、北山と3人の女性の間で揺れるチョクの気持ち。借金を残して逃亡していたタカシや、東南アジアに行っていた真島も戻ってきて周囲はにぎやかになるが、店の方はうまくいかず、地ビール作りも進展しない。そんな時、「SHOP自分」に立ち退きの危機が…!! 仕事に恋に、苦悩と楽観の狭間で自分の生き方を模索するチョクの姿を描いた『SHOP自分』最終集。
●その他の登場人物/タカシ(大きな借金を残したまま逃亡し、チョクに迷惑をかけていたが、戻ってきた)、長谷川(倒産した「丸十」でのチョクの先輩。職場の人たちと居酒屋を始めたが…)、真島(チョクの大学時代の友人。東南アジアに行っていたが、帰国し、チョクのもとにやってきた)、北山(チョクが勤務していた「丸十」の同僚。倒産後、札幌に行っていたが帰京。長谷川たちの居酒屋で働く)

あなたにオススメ!

  • 明日を信じて
  • 本気のしるし 3
  • 恋愛ディストーション 8
  • 海猿 10
  • バスを待って
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ