ビッグ コミックス

お礼は見てのお帰り 2

怒りの一投

お礼は見てのお帰り 2
ためし読み
定価
本体485円+税
発売日
判型/頁
B6/224
ISBN
4091834329

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2012/08/30
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
スタイルバツグン、誰もが振り返る美人、婦人警官礼子が正義のために戦う!
▼第1話/悪夢の休日(前編)▼第2話/悪夢の休日(後編)▼第3話/礼子、機動捜査隊へ▼第4話/お茶の味▼第5話/炎の叫び/▼第6話/スッゴイ“特技"▼第7話/“エース"復活▼第8話/怒りの一投▼第9話/百一回目の真実!?▼第10話/晩夏のレボリューション ●登場人物/一本木礼子(大阪府警の婦人警官。礼儀に厳しく人情に厚い、弱いものの強い見方) ●あらすじ/ある休日、礼子と小百合はエキスポランドへ出かけることになった。途中で銀行に寄った小百合だが、そこは覆面をした二人組の銀行強盗によって占拠されていた。小百合が出てこないのに銀行が閉まったことを不信に思った礼子がシャッターを叩くと、強盗のひとりが扉に向かって銃を発射しようとした。礼子を助けようとした小百合の言葉で状況を把握した礼子は銀行へ潜入、天井裏から様子を窺うが…(第1話)。▼大坂府警初の女性機動捜査隊員になった礼子は“とんぼり署"勤務となっていた。そこへ、盗聴するだけでは飽き足らなくなり、ニセの緊急指令を流す「オオカミじじい」の狂言無線が流れた。その無線が気になった礼子は「オオカミじじい」=山城の家へ向かう。死んだ振りをして待っていた山城に驚かされながらも、礼子はこんなことはやめるように諭した。礼子たちがパトロール中、またしても山城から無線が流れ、その声の暗さに不安を感じた礼子は始末書覚悟で山城の家へ。再び騙されたと知った礼子の怒りが爆発、ハイヒールを投げて死んじまえと叫ぶのだが…(第8話)。 ●本巻の特徴/礼子がセントポーリア公園前派出所から大坂府警初の女性機動捜査隊員としてとんぼり署に異動になる。相棒の五十嵐隊員やベテランの源田、自由自在に傘を操る伊集院先輩など個性派の隊員たちが登場する。 ●その他の登場キャラクター/鬼熊小百合(第1話)、源田警部補、五十嵐隊員(第3話)、伊集院先輩(第5話)
〈 電子版情報 〉
お礼は見てのお帰り 2
Jp-e : 091834320000d0000000
ある休日、礼子と小百合はエキスポランドへ出かけることになった。途中で銀行に寄った小百合だが、そこは覆面をした二人組の銀行強盗によって占拠されていた。小百合が出てこないのに銀行が閉まったことを不信に思った礼子がシャッターを叩くと、強盗のひとりが扉に向かって銃を発射しようとした。礼子を助けようとした小百合の言葉で状況を把握した礼子は銀行へ潜入、天井裏から様子を窺うが…

あなたにオススメ!

  • 東京刑事 7
  • 正義警官 モンジュ 1
  • め組の大吾 17
  • 東京刑事 4
  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩 1…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ