ビッグ コミックス

ヤングマン 6

風上に向かうもの

ヤングマン 6
定価
本体485円+税
発売日
判型/頁
B6/200
ISBN
4091832660
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
明治日本。欲望渦巻く横浜で、霞五郎とその仲間たちが、新しい時代を目指す
▼第1話/日清開戦▼第2話/パンドラの箱▼第3話/蟲▼第4話/母子像▼第5話/銃剣の先▼第6話/母の食欲▼第7話/カラス▼第8話/万人の能力▼第9話/制作準備▼第10話/風倒木▼第11話/風上に向かうもの ●登場人物/霞五郎(富士山麓霊明寺の道士。比類なき魔物の正体を追い求める)権助(魔物を求める悪の道士。お仙から水晶玉を奪う)大村信(権介に魂を売り、術を使いこなす。)ジャン・リュック・ゴダール(人肉を喰って200年以上も生き続けている男) ●あらすじ/時は日清の間でまさに戦争が始まらんとする1894年。かつての若者組の面々も徴兵を受け、いまでは中国の地を踏んでいた。時を同じくして五郎は、霧深い、髑髏の転がる山奥に辿り着いていた。はたしてそこが崑崙山なのだろうか(第1話)。▼髑髏が一面に広がる荒野。そこで一体過去に何があったのか?いきなり五郎の目の前に、夢に出てきて崑崙という名を口にしたあの女が再び現われて…(第2話)。 ●本巻の特徴/崑崙の地中深く眠る母を、気の力を使って助けだした五郎は、変わり果てた姿になってしまった母を連れ、人里離れたところで静かに暮らそうとする。しかし母は、崑崙の生き残りたちを始末しに行かねばならぬと言い出し、五郎を困らせる。

あなたにオススメ!

  • カムイ外伝 4
  • カムイ外伝 9
  • ギャンブルッ! 11
  • 勇者ダン
  • 川歌(かわうた) 1
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ