バウ 2
ためし読み
定価
534円(税込)
発売日
判型/頁
B6/202
ISBN
4091831923

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/06/04
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
食い意地だけは誰にも負けない駄犬・バウが本能のままに大暴れ!
●登場人物/バウ(犬神さやかに飼われているブルテリア犬。食い意地だけは誰にも負けない)、犬神さやか(バウの飼い主)、犬神(さやかの父親で、犬神組の組長)、サブ(犬神の子分) ●あらすじ/名前も付けられ、犬神家で飼われることになった犬・バウ。ある日、さやかと父親の犬神はバウを連れてドライブに出かける。箱根で楽しい一時をすごした一行は帰途につくが、さやかがトイレに行きたいと言い出し、眠っているバウを車に残してふたりは外に出た。犬神がサイドブレーキを引くのを忘れたため、車はバウを乗せたまま曲がりくねった坂道を下り始めてしまう(第1話)。▼クリスマスイブ、さやかの家ではパーティーの用意が進んでいた。用意も終わったころ、さやかの友人たちもやってきてパーティーが始まった。ゲームを楽しみ、ケーキもお腹一杯食べたバウたちは疲れてぐっすりと眠りについた。そこへ犬神がクリスマスプレゼントをもって足音を忍ばせてやってくる(第2話)。▼バウの散歩に出かけたさやかは、あちこちと勝手に寄り道するバウに掘り出したモグラを見せられ走って逃げ出す。残されたバウは手作りコロッケが自慢の店へ向かう。店の主人には商売の邪険にされるものの、奥さんにコロッケをもらうバウ。味をしめたバウは、次の日も店へやって来る。主人がカゼで店の2階で寝込んでいるのをいいことに店に来たお客さんのまわりをウロチョロしたあげく、砂までかけてしまう。それに怒った客がお店を馬鹿にしたことから怒った主人が下りてくる(第5話)。▼さやかをすっかりバウに取られてしまった犬神は、さやかの目をバウから離すためにセント・バーナードを買う。ブーマーという名前のその犬はさやかを背中に乗せられるぐらい大きかった。ブーマーにさやかの関心が移るのに嫉妬したバウは、松の木に登って自分をアピールするが、その木をブーマーが折ってしまい、怪我をする(第6話)。
〈 電子版情報 〉
バウ 2
Jp-e : 091831920000d0000000
名前も付けられ、犬神家で飼われることになった犬・バウ。ある日、さやかと父親の犬神はバウを連れてドライブに出かける。箱根で楽しい一時をすごした一行は帰途につくが、さやかがトイレに行きたいと言い出し、眠っているバウを車に残してふたりは外に出た。犬神がサイドブレーキを引くのを忘れたため、車はバウを乗せたまま曲がりくねった坂道を下り始めてしまう。

あなたにオススメ!

  • 売ったれダイキチ! 1
  • パスポート・ブルー 12
  • クリスマスえほん
  • うわさの姫子 14
  • 愛しのバットマン 7
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ