ビッグ コミックス

美味しんぼ 38

ラーメン戦争

美味しんぼ 38
ためし読み
定価
本体485円+税
発売日
判型/頁
B6/210
ISBN
4091826385

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2012/11/22
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
「食」ブームを巻き起こし、アニメ、映画化された大人気コミック!
●登場人物/山岡士郎(東西新聞文化部員・膨大な食の知識を持つ。東西新聞の壮大な企画「究極のメニュー」の作成を担当)。栗田ゆう子(東西新聞文化部員・山岡とともに「究極のメニュー」を担当する)。海原雄山(名だたる陶芸家にして、食の探究者。「美食倶楽部」主宰。山岡の実父) ●あらすじ/山岡は、荒川夫妻から夫妻の友人の橋田という男のことで相談を受ける。彼は大手自動車会社の御曹子で、その将来を嘱望されていたにも関わらず、会社を辞めてラーメン屋を始めたという変わった経歴の持ち主。ところが、そのラーメン屋がまったく繁盛しないという。山岡は、まず皆をおいしいと評判の屋台“流星一番亭"に連れていく。“流星一番亭"は、目星をつけたラーメン屋の近くに屋台を出し、客を奪うことでその店を乗っ取って傘下に入れるという強引なやり方で、急成長しているチェーン店だった。その“流星一番亭"に目を付けられた“金銀軒“の母子と、ひょんなことから知り合った山岡たちは、“流星一番亭"に負けないラーメン作りに取りかかるが……(第1話)。 ●本巻の特徴/この第38巻では全編を通してラーメンについての話が描かれる。その中で、日本人がなぜこんなにもラーメン好きの民族なのかという謎にもせまっており、非常に興味深いストーリーになっている。 ●その他の登場キャラクター/荒川カメラマン、おちよ(第1話)、 ●その他DATA/表紙写真~ラーメン
〈 電子版情報 〉
美味しんぼ 38
Jp-e : 091826380000d0000000
山岡は、荒川夫妻から夫妻の友人の橋田という男のことで相談を受ける。彼は大手自動車会社の御曹子で、その将来を嘱望されていたにも関わらず、会社を辞めてラーメン屋を始めたという変わった経歴の持ち主。ところが、そのラーメン屋がまったく繁盛しないという。山岡は、まず皆をおいしいと評判の屋台“流星一番亭"に連れていく。“流星一番亭"は、目星をつけたラーメン屋の近くに屋台を出し、客を奪うことでその店を乗っ取って傘下に入れるという強引なやり方で、急成長しているチェーン店だった。その“流星一番亭"に目を付けられた“金銀軒“の母子と、ひょんなことから知り合った山岡たちは、“流星一番亭"に負けないラーメン作りに取りかかるが……。

あなたにオススメ!

  • 美味しんぼ〔小学館文庫〕 2…
  • 美味しんぼ〔小学館文庫〕 1…
  • 美味しんぼ〔小学館文庫〕 1
  • 美味しんぼ〔小学館文庫〕 1…
  • ラーメン発見伝 10
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ