ビッグ コミックス

桜の森の満開の下

桜の森の満開の下
定価
本体952円+税
発売日
判型/頁
A5/192
ISBN
9784091825285
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/鈴鹿の山▼第2話/八人目の女房▼第3話/都の風▼第4話/首遊び▼第5話/退屈▼最終話/虚空
●あらすじ/鈴鹿峠を行く旅人から強盗をはたらき、逃げる者の命だけは取らぬが、手向かえば容赦なく斬り捨てる山賊がひとり。峠の近くには皆が怖れて近寄らない桜の森があり、この男もまた満開の桜の森だけは「どうして花が怖ろしいのだろうな」と思いながらも怖れを抱いていた。この地に住んで十数年、さらった7人の女を女房にしていた山賊だったが、あるとき男に連れられた大層美しい女を見つけて…(第1話)。
●本巻の特徴/安吾の幻想文学に、いま新たな魂が宿る…。昨年単行本化された『夜長姫と耳男』に続く、近藤ようこが描く「坂口安吾作品シリーズ」第2弾。

あなたにオススメ!

  • 夜長姫と耳男
  • 疾風迅雷 3
  • 疾風迅雷 2
  • モクの関白宣言
  • 昭和文学全集 第12巻
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31