ビッグ コミックス

F 27

FAR SENTIMENT(恩讐の彼方)

F 27
定価
本体485円+税
発売日
判型/頁
B6/226
ISBN
4091825176
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
世界一速い男を目指してカーレースに燃える赤木軍馬の鮮烈な生き様!
▼第1話/FUSELAGE(ミックスジュース)▼第2話/FULMINATION(奈落)▼第3話/FLICKER(陰画)▼第4話/FUDGE(三百代言)▼第5話/FLABBERGAST(狂演)▼第6話/FUSIBILITY(変化)▼第7話/FOOTLESS(千鳥足)▼第8話/FORCE(押す!)▼第9話/FASCINATE MEN(男たち)▼第10話/FAR SENTIMENT(恩讐の彼方)▼第11話/FOLLOW ONE WAY(一方通行)▼第12話/FINEST TOWN(最後の街) ●主な登場人物/赤木軍馬(赤木グループ総帥・総一郎と妾の間に生まれた、赤木家の次男。天才的なドライビング・テクニックを持つ)、大石タモツ(軍馬の同級生。天才的なメカニック技術を持つ)、小森純子(軍馬の恋人) ●あらすじ/レースに出れば軍馬が死ぬと、ジーザスが自分の予言をマスコミに公言したため、自宅に終日マスコミが詰め寄せて、軍馬は外にも出られない状態。だが小森のばあちゃんが日本からイギリスへやってきたため、軍馬と純子は裏から外出する。ところが、音也の魔の手が純子に忍び寄る!(第1話)。▼自分をひき殺そうとした音也のバイクから何とか逃げ延びた純子。音也は事故を強調するが、純子は軍馬に、あれは事故ではない、と告げる。だがそのころ音也は、薬を飲み自殺を図っていた(第2話)。 ●本巻の特徴/とうとう1992年F1グランプリの幕が切って落とされた。その第一戦、南アフリカGPで、軍馬はイルカペイントを作動させたためグリップが定まらず、左右に大きくぶれる危険走行を続け失格。第2戦のメキシコGPではゴールを前に燃料が切れ、マシンを押してゴールを果たす。そしてブラジルGP、レース中に軍馬と接触したジーザスは、軍馬の死をモナコと予知する。一方、父・赤木総一郎はフィリピンのネグロス島で最期の時を迎えるのだった。 ●その他のデータ/南アフリカGP(第3~7話)、メキシコGP(第8話)、ブラジルGP(第9、10話)、スペインGP、サンマリノGP(第11話)、モナコGP(第12話)

あなたにオススメ!

  • F 10
  • F 7
  • F 3
  • F 6
  • ONE&ONLY 新装版 2
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ