ビッグ コミックス

F 26

FUNNELLING(3.5lの愉楽)

F 26
定価
本体485円+税
発売日
判型/頁
B6/202
ISBN
4091825168
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
世界一速い男を目指してカーレースに燃える赤木軍馬の鮮烈な生き様!
▼第1話/FLUING(ドーム)▼第2話/FAIRYCYCLE(母子像)▼第3話/FETCH ABOUT(峠)▼第4話/FORK(竜の道)▼第5話/FOGGY RUN▼第6話/FIREBALL(太陽の塔)▼第7話/FORCIBLENESS(血戦)▼第8話/FIGHT AGAIN(再戦)▼第9話/FLOUTING DARK(嘲笑う闇)▼第10話/FALCONRY(切磋琢磨)▼第11話/FUNNELLING(3.5・の愉楽) ●主な登場人物/赤木軍馬(赤木グループ総帥・総一郎と妾の間に生まれた、赤木家の次男。天才的なドライビング・テクニックを持つ)、大石タモツ(軍馬の同級生。天才的なメカニック技術を持つ)、小森純子(軍馬の恋人) ●あらすじ/タモツの開発したイルカペイントを塗ったマシンは時速400kmを記録。恐ろしいまでのスピードを出すマシンとなった。このマシンで、レース中に見る黒い影や、灰色のドームをくぐり抜け、何かから解放されたいと口にした軍馬に、黒井は純子が妊娠していることを告げる(第1話)。▼軍馬がオールマンの家に戻らないので、自宅に帰った純子。果たして軍馬は家にいた。しかもケーキを買って…。そして軍馬は純子に日本に帰って入籍しようと純子に申し出る(第2話)。 ●本巻の特徴/日本に戻った純子と軍馬は、小森のばあちゃんと森岡のダンナに証人となってもらい、婚姻届けを提出する。そしてタモツは、「軍馬が死ぬからレースには出るな」という忠告をジーザスから受ける。一方フィリピン・ネグロス島では将馬が父・総一郎に腕相撲で戦い、父の大きさを改めて知るのだった。そしてメタモルフォーゼはF1参戦を宣言。そこに音也が現われる ●その他の登場キャラクター/軍馬の兄・将馬(第6、7、8、10話)、黒井レーシングチーム代表・黒井和夫(第1、2、8、9、11話)、軍馬の父親・赤木総一郎(第6、7、10話)、総一郎の側近・笠井(第6、7、10話)、軍馬の弟・赤木雄馬(第6、7、8、10話)、辰叔父の陰謀を知る女子学生・豊田有里(第6、7話)、F3000のレーサー・山口音也(第5、9、10、11話)、レーサー・ジーザス・クライスト(第2、5、8、11話)、レーシングスクール経営者・オールマン(第1、2、5、8、9、11話)、元レーサー・砂井(第3、5話)

あなたにオススメ!

  • F 15
  • F 13
  • F 6
  • F 9
  • ONE&ONLY 新装版 1
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ