ビッグ コミックス

味いちもんめ 20

青ジソの巻

味いちもんめ 20
ためし読み
定価
本体485円+税
発売日
判型/頁
B6/224
ISBN
4091824404

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/07/04
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
新宿の料亭「藤村」を舞台に、“食"を通して描かれる人情小噺
▼第1話/芋粥▼第2話/信用▼第3話/試験▼第4話/筍(たけのこ)▼第5話/包丁▼第6話/ちゃんこ鍋▼第7話/ボランティア▼第8話/梅雨晴間▼第9話/青ジソ●登場人物/伊橋悟(料亭「藤村」の焼方から煮方へ昇格)、熊野(「熊野」の調理責任者の花板。通称・親父さん)、ボンさん(坊さんから料理人に転職した遊び人。油場を任される)、谷沢誠(「藤村」の煮方。しっかりしているが無口)、黒田(クロ。「藤村」の追い回しから焼方に昇格)●あらすじ/高校のクラス会に出席した伊橋には、気になることがあった。それは、東大-大蔵省のエリート・コースを歩いているクラスの出世頭の平井の元気がなかったことだ。高校時代に仲が良かっただけに心配な伊橋は、美味しいものでも食べて元気を出してもらおうと、「藤村」に招待するが……(第1話)。●本巻の特徴/坂巻がいなくなり、人手が不足している「藤村」が求人広告を出した。新人の採用を任された伊橋は、5人の応募者を2人までに絞り込んだ。一人は今春、調理学校を卒業するという19歳。もう一人は、激安ショップで働いていたという20歳だった……(第3話「試験})。新人を採用するにあたっての人物の見方が熊野に認められ、“煮方"に昇格した伊橋。早速、「藤村」の常連客・円鶴師匠が、その昇格を祝って伊橋を居酒屋に誘いご馳走してくれた。そして、自分の真打ち披露の時のことを静かに語って聞かせるのだった……(第4話「筍」)他を収録。●その他の登場キャラクター/平井(伊橋の高校時代の同級生で現在大蔵省に勤めるエリート)(第1話)、渡辺(ナベ。元・激安ショップ店員。「藤村」の追い回し)(第3話)、宮坂邦子(ボランティア女)(第7話)、ガッちゃん(茅ケ崎の青年漁師。伊橋の友達)(第8話)●その他のデータ/シソ(目次)
〈 電子版情報 〉
味いちもんめ 20
Jp-e : 091824400000d0000000
高校のクラス会に出席した伊橋には、気になることがあった。それは、東大-大蔵省のエリート・コースを歩いているクラスの出世頭の平井の元気がなかったことだ。高校時代に仲が良かっただけに心配な伊橋は、美味しいものでも食べて元気を出してもらおうと、「藤村」に招待するが……

あなたにオススメ!

  • 味いちもんめ 14
  • 味いちもんめ 19
  • 味いちもんめ 8
  • 味いちもんめ 18
  • バチワレ!いさ 4
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ