味いちもんめ 15

味いちもんめ 15
ためし読み

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/07/04
形式
ePub
全巻を見る
〈 電子版情報 〉
味いちもんめ 15
Jp-e : 091824350000d0000000
熊野の一人娘・エミには、今結婚を考えている相手がいる。しかし、熊野はその相手にどうしても会ってくれない。何とか父親を説得して欲しいと相談された伊橋だが名案が浮かばない。相談を受けた数日後。伊橋は「藤村」の常連・円鶴師匠に「嫁菜飯」を出したところ、他のに変えてくれと言われる。師匠は、「嫁菜」という名が辛い思い出を呼び起こすからだと話し始める。それは、東京大空襲で亡くなった優しい姉の思い出だった。その姉の夢が、キレイなお嫁さんになることだったので、「嫁」という言葉を聞くと、反射的に死んだ姉のことを思い出して辛いのだと打ち明ける。自分に娘ができたら結婚する時は、その姉の分まで祝ってやろうと考えていた円鶴だが、皮肉にも娘はできなかった。だから、今では幼馴染みの熊野の一人娘のエミが嫁に行く時を楽しみにしているのだという。この円鶴の話を聞いた熊野は、エミが結婚を考える相手と会う決意をする

あなたにオススメ!

  • 味いちもんめ 22
  • 新・味いちもんめ 1
  • 味いちもんめ 19
  • クピドの悪戯 6
  • 学園ゴーストバスターズ 夏の…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ