ビッグ コミックス

ちゃぺ! 津軽鉄道四季ものがたり

ちゃぺ! 津軽鉄道四季ものがたり
定価
本体514円+税
発売日
判型/頁
B6/224
ISBN
9784091822451
公式サイト
〈 書籍の内容 〉
▼第1列車/さくら祭り▼第2列車/津軽の音▼第3列車/津軽の心▼第4列車/りんごもぎ▼第5列車/地吹雪▼第6列車/入学式▼第7列車/マラソン大会▼最終列車/ホタルの里▼コラム/津軽鉄道沿線物語

●主な登場人物/ちゃぺ(島守沙代。小学四年生。愛くるしく、お茶目で活発なので、みんなから「ちゃぺ<津軽弁で子猫ちゃん>」と呼ばれている)、春江ばっちゃん(島守春江。ちゃぺの祖母。津軽中里駅前で「はるえ食堂」を経営する、飯<まま>炊きの名人)、鈴木治郎(津軽鉄道社長。鉄道存続のために奮闘中。はるえ食堂のファン)、谷山明子(津軽鉄道の経理担当執行役員。しっかり者)、トキちゃん(はるえ食堂の隣にあるスナック「よろた<津軽弁で太もも>」のママ)、ダンガダンガ(ダンプカーの運転手。突っ張りが得意な、高校相撲部の元エース)、工藤武則(津軽鉄道の車掌。朴訥だが仕事に一生懸命な青年)
●あらすじ/小学四年生の「ちゃぺ」は、仕事で海外へ出かけた母の、いつとも知れぬ帰りを駅で待っている。津軽鉄道沿線の市場にいるマサじっちゃんは、訪ねてくる孫に会おうとしない。息子である父親との折り合いが悪かったことを気にしているのだ。そんなマサじっちゃんに、ちゃぺは家族を想う気持ちについて語りだす…(第1話)。
●本巻の特徴/津軽の美しい風景や楽しい行事とともに綴られる、あったかいストーリー。感動のドラマを乗せて走る、日本一の人情鉄道へようこそ。

あなたにオススメ!

  • 寝台列車で行こう
  • こわしや我聞 1
  • 篠原千絵The Best S…
  • 宮脇俊三 電子全集8 『イン…
  • ゆりてつ 1
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ