ひゃくやく 1
定価
本体485円+税
発売日
判型/頁
B6/208
ISBN
4091821545
公式サイト
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
通天閣の膝元にある不思議な居酒屋・漢方酒場「ひゃくやく」の人情物語
▼第1話/居酒屋長介▼第2話/浪速アレルギー▼第3話/肩こり▼第4話/打ち身▼第5話/水虫▼第6話/フラつき雀士▼第7話/キノコ狩り▼第8話/クリスマス・イブ▼最終話/包丁一本 ●登場人物/長介(漢方酒場「ひゃくやく」店主。漢方と指圧にくわしい。漢方の医師免許・開業免許を持っている)、カンナ(長介の店を手伝っている看板娘)、岡本(妙な発明を次々と考え出す、ひゃくやくの常連客。岡本博士と呼ばないと返事をしない) ●あらすじ/「ひゃくやく」に初めてやってきたお客の顔色を一目見て肝臓が悪いと判断した長介は酒を出さず、代わりに無理矢理、指圧をしてしまう。客は逃げるように帰ったが、数日後、店に怒鳴り込んできた(第1話)。 ●その他のデータ/ツボ:肝臓のツボ(第1話)、ストレスに効くツボ(第2話)、肩こりを治すツボ(第3話)、めまいに効くツボ(第6話)、便秘のツボ(第7話)、安眠のツボ(第8話) 漢方薬など:四季の薬湯(第3話)、ドクダミ・アロエ・タケニグサ・イチジク(第5話)、ユキノシタ(第6話)、ナラタケ・ヒラタケ・ツキヨタケ・クサウラベニタケ(第7話)、ヘクソカズラ(第8話)  岡本博士の発明:肩こり解消機(第2話)、パンチ防止ベスト(第4話)、自動水虫掻き(第5話)、フルタイム森林浴装置(第6話)、イビボウ、オデタラ(第8話)

あなたにオススメ!

  • 蔵人 4
  • SHOP自分 6
  • 21世紀少年 下
  • 新・味いちもんめ 12
  • 漢方使いこなし術
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ