浮浪雲 45
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/218
ISBN
4091821057
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝"。
▼第1話/おんな坂▼第2話/たいばつ▼第3話/不思議の国のあちき▼第4話/晩秋の夢▼第5話/第三の心▼第6話/秋の夜は▼第7話/親子舟▼第8話/千年待て▼第9話/もぐら ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/仕事の時間が別々で、いつもすれちがいの夫婦。仕事にいそがしい妻は、「夫が料理なんか作らなくていいと言ったから」と、主婦の仕事を何もしない。そんな妻にとっつあんは、そんな男はいないと説教をするのだが……(第1話)。▼なぜか体罰に凝り始めた浮浪雲。勉強をしないからと新之助を殴るわ、雲に注意をしたカメを叩くわ……。一方、青田の友人の教師は、罰則があるから社会は成り立っているのだと言い、遅刻した生徒に容赦なく体罰を振るう……(第2話)。▼ベル提督というアメリカ人が雲を訪ねてやってきた。話を聞けば、日本人研究のために、日本一の遊び人である雲に会いたいのだという(第3話)。

あなたにオススメ!

  • 北斗七星 2
  • バチワレ!いさ 4
  • TODOを待ちながら 1
  • だから笑介 16
  • たらちねストリート 2
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ