浮浪雲 44
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/218
ISBN
4091821049
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝"。
▼第1話/未練の花▼第2話/七人の妻▼第3話/おしゃれ川柳▼第4話/開好記▼第5話/成りがたし▼第6話/つくし誰の子▼第7話/やさぐれ街道▼第8話/親子丼▼第9話/馬の耳 ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/とっつあんの古い友人が、嫁に出た三人の娘に会いに品川へやってきた。長女から順番に訪ねたのだが冷たい対応に友人は、歳は取りたくないものだと悲しむ。見かねたとっつあんは、三人の娘の所へ乗り込むが……(第1話)。▼大工の長七の妻、お馬は、なまけもので洗濯もやろうとしない、それでいて強気ないわゆる悪妻だ。カメが注意しても耳を貸すどころか、逆に怒られてしまう。仕方なく、渋沢先生がお馬に説教をすることにした……(第2話)。▼あくどい商売で近所では有名などくだみ屋。父親に似ず若くて美しいどくだみ屋の娘、美絵にある日、お見合いの話が舞い込んだのだが……(第4話)。

あなたにオススメ!

  • 水古風~ニッポン人のススメ …
  • 女形気三郎 3
  • 月色狂想曲 2
  • 月色狂想曲 3
  • 月色狂想曲 1
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ