ビッグ コミックス

あすなろ白書第2部 3

第2部 社会人編

あすなろ白書第2部 3
ためし読み
定価
本体1049円+税
発売日
判型/頁
A5/308
ISBN
4091818862

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2012/12/04
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
恋愛の大家・柴門ふみがキラキラとした青春を描くラブストーリー!
▼第20話/切り崩される夢▼第21話/愛と偽り▼第22話/最後の旅▼第23話/それぞれの愛の行方▼第24話/あすなろ会、再び▼第25話/最終報告▼第26話/第三の女▼第27話/幸福な日曜日▼第28話/空良奪回▼第29話/愛と信頼▼第30話/突然のプロポーズ▼第31話/愛の選択▼第32話/明日へ……▼最終話/終わりは始まり ●主な登場人物/園田なるみ(予備校時代にあすなろ達に出会う。初対面のときから掛居に惹かれ続けていた)、掛居保(「あすなろ会」の中心人物。なるみの明るさに憧れている)、取手治(なるみと高校の同窓生。かつてなるみと付き合うが、別れた)、東山星香(男勝りの性格で現役で東大に合格。友情で結ばれた松岡の子を妊娠、出産する)、松岡純一郎(松岡財閥の御曹子。同性の掛居を愛していたが、取手とドライブ中に事故に遭い、取手をかばって死ぬ) ●あらすじ/掛居は大学時代に知り合った京子という女性と付き合っていた。彼女はガンを患ったことがあり片方の乳房を失っていたが、いつ再発してもおかしくない状態だった。彼女と掛居は同棲していたが、拘束し合うことなくお互いに信頼しあって生活していた。ある日、京子が初めて結婚してほしいと掛居に打ち明ける(第20話)。▼なるみと秋庭の関係は深みにはまり、すでに後戻りできない状態になっていた。秋庭は離婚してなるみと一緒になるつもりだった。しかし、秋葉の妻の方はなかなか離婚に応じず、法外な条件をつきつけてきた……(第21話)。 ●本巻の特徴/掛居の恋人の京子がガンが再発によって死んでしまう。一方、なるみは秋庭との不倫が後戻りできない関係になっていた。2人はこのまま別々の道を歩んでいくことになるのだろうか。 ●その他の登場キャラクター/なるみの上司で青年実業家・秋庭宗輔(第20、21、23、25~27、29~32話)、掛居の恋人・町田京子(第20、22話)、星香と松岡の子供・空良(第20、21、23~25、28~30、33話)
〈 電子版情報 〉
あすなろ白書 第2部 3
Jp-e : 091818860000d0000000
掛居の恋人の京子がガンが再発によって死んでしまう。一方、なるみは秋庭との不倫が後戻りできない関係になっていた。2人はこのまま別々の道を歩んでいくことになるのだろうか。

あなたにオススメ!

  • あすなろ白書 1
  • あすなろ白書 3
  • 九龍で会いましょう 下
  • 東京エイティーズ 6
  • 黄昏流星群 5
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ