ビッグ コミックス

あすなろ白書第2部 2

第2部 社会人編

あすなろ白書第2部 2
ためし読み
定価
本体1049円+税
発売日
判型/頁
A5/292
ISBN
4091818854

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2012/12/04
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
恋愛の大家・柴門ふみがキラキラとした青春を描くラブストーリー!
▼第8話/新しい日を求めて▼第9話/バレンタインハプニング▼第10話/アクシデンタル・ツーリスト~不測の事態▼第11話/すれ違う心▼第12話/朝も昼も夜も▼第13話/歌が歌えない▼第14話/男の約束▼第15話/15年目のプロポーズ▼第16話/それぞれの思惑▼第17話/海辺のドライブ▼第18話/対立する二人▼第19話/社長夫人 ●主な登場人物/園田なるみ(予備校時代にあすなろ達に出会う。初対面のときから掛居に惹かれ続けていた)、掛居保(「あすなろ会」の中心人物。なるみの明るさに憧れている)、取手治(なるみと高校の同窓生。かつてなるみと付き合うが、別れた)、東山星香(男勝りの性格で現役で東大に合格。友情で結ばれた松岡の子を妊娠、出産する)、松岡純一郎(松岡財閥の御曹子。同性の掛居を愛していたが、取手とドライブ中に事故に遭い、取手をかばって死ぬ) ●あらすじ/なるみの上司の秋庭は、頭が切れて仕事のできる男ではあったが女にだらしなく、妻子がいるにも関わらず常に複数の愛人がいるという人間だった。しかし彼にはどこか憎めないところがあり、なるみは徐々に彼のペースに乗せられていく(第8話)。▼掛居と取手は休日に、なるみと星香の住むマンションを訪ねる。そこで彼らを出迎えたのは、事故で死んだあの松岡そっくりの子供・空良だった……(第1話)。 ●本巻の特徴/なるみは別れたあとも、掛居のことがずっと忘れられないでいた。だが、彼には大学時代に知り合った京子という恋人がいる。掛居のことを忘れたくて上司の秋庭と一夜をともにしてしまうなるみだったが……(第10話)。 ●その他の登場キャラクター/なるみの上司で青年実業家・秋庭宗輔(第8~19話)、掛居の恋人・町田京子(第9、13話)、星香と松岡の子供・空良(第9、11、17話)
〈 電子版情報 〉
あすなろ白書 第2部 2
Jp-e : 091818850000d0000000
なるみは別れたあとも、掛居のことがずっと忘れられないでいた。だが、彼には大学時代に知り合った京子という恋人がいる。掛居のことを忘れたくて上司の秋庭と一夜をともにしてしまうなるみだったが……

あなたにオススメ!

  • あすなろ白書 1
  • あすなろ白書 3
  • 黄昏流星群 23
  • 冬物語 2
  • バラ色の日々―サヨナラは二度…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31