祝福屋福助
ためし読み
定価
本体933円+税
発売日
判型/頁
A5/190
ISBN
4091818374

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/07/29
形式
ePub
公式サイト
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/社是▼第2話/閉店▼第3話/失恋▼第4話/聖夜▼第5話/おかめ▼第6話/退職▼第7話/選挙▼第8話/敗者▼第9話/葬儀▼第10話/再婚●登場人物/祝福屋福助(あらゆることを祝福するプロの集団「祝福屋」の団長。いつも“福助"の面をつけている)●あらすじ/祝福屋に、若い女から仕事の依頼がくる。その内容は「私の存在を祝福して欲しい」というもの。突拍子もない依頼に困り果てる団員たちだったが、団長の祝福屋福助は、どこかへ駆け出していく。戻ってきた福助が胸に抱いていたのは、ずぶ濡れの小犬。祝福のプロの名にかけて、福助が考え付いた祝福法とは…(第1話)。▼老舗デパート・高越屋が倒産した。祝福屋の働きで閉店セールは大盛況に終わるが、高越屋の社員はもうひとつ仕事を依頼してきた。それは、高越屋のオーナー・堤田を祝福してほしいというもの。どんなに金があっても幸せになれないという堤田に、「自分で自分を喜ばすことはできない」と告げる福助。はたして堤田を祝福する方法とは…(第2話)。●本巻の特徴/ビッグコミックオリジナル本誌と増刊号に掲載された「祝福屋」シリーズ全編を収録。
〈 電子版情報 〉
祝福屋福助
Jp-e : 091818370000d0000000
ビッグコミックオリジナル本誌と増刊号に掲載された「祝福屋」シリーズ全編を収録。
祝福屋に、若い女から仕事の依頼がくる。その内容は「私の存在を祝福して欲しい」というもの。突拍子もない依頼に困り果てる団員たちだったが、団長の祝福屋福助は、どこかへ駆け出していく。戻ってきた福助が胸に抱いていたのは、ずぶ濡れの小犬。祝福のプロの名にかけて、福助が考え付いた祝福法とは…

あなたにオススメ!

  • 祝福屋福助 大入
  • 高橋留美子傑作集 赤い花束
  • ゴーダ哲学堂 空気人形
  • 釣りバカ日誌番外編 11
  • フロマンガ 1
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ