MONSTER 完全版 8
定価
1572円(税込)
発売日
判型/頁
A5/444
ISBN
9784091818089
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/パーティー イズ オーバー▼第2話/悪魔を見た男▼第3話/悪魔の友だち▼第4話/知りすぎた男▼第5話/悲しみの再会▼第6話/ニナの記憶▼第7話/朗読会の思い出▼第8話/記憶の扉▼第9話/楽しい食卓▼第10話/屋根の向こうまで▼第11話/友情の答え▼第12話/タクシードライバー▼第13話/無関係な殺人▼第14話/赤ん坊の憂うつ▼第15話/恐怖の足音▼第16話/ヨハンの足跡▼第17話/殺し合い▼第18話/父さん母さん▼第19話/おかえり●

主な登場人物/天馬賢三(テンマ。元脳神経外科医。無実の罪に追われながら“ヨハン"を追う)、ヨハン・リーベルト(テンマが命を助けた双子の兄、悪の根源?)、ニナ・フォルトナー(“ヨハン"の双子の妹で、兄を抹殺しようとしている)、ルンゲ警部(ドイツ連邦捜査局の警部。ヨハンはテンマの別の人格だと思っている)●
あらすじ/フランクフルトにたどり着いたテンマは、元婚約者・エヴァのボディガード、マルティンに接近する。一方、“メガネの男"との契約により、ある男を探し出すため連日パーティーに出席していたエヴァは、マルティンに「もうパーティーは終わり」と告げる…(第1話)。▼あるパーティー会場でおもむろにエヴァが指差した先にはヨハンの姿が…。“メガネの男"との契約を果たし、用済みと悟ったエヴァは死を覚悟する。そして、彼女の前に現れたマルティンの右手には銃が握られていた…(第2話)。 ●
本巻の特徴/プラハにいるニナの記憶が遂に甦る? さらには、ヨハンとニナの出生の秘密、そして怪物誕生の謎が明らかに…!?●
その他の登場人物/エヴァ・ハイネマン(テンマの元婚約者)、グリマー(フリーのジャーナリスト、511キンダーハイムの謎を追う)、フリッツ・ヴァーデマン(テンマの弁護士)、Dr.ライヒワイン(精神科医。テンマの理解者)、マルティン(エヴァのボディーガード)、ペトル・チャペック(メガネの男)

あなたにオススメ!

  • MONSTER 15
  • MONSTER 16
  • MONSTER 11
  • MONSTER 14
  • 龍-RON-〔小学館文庫〕 …
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ