HOTEL 19
定価
本体485円+税
発売日
判型/頁
B6/224
ISBN
4091817998
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
大型ホテルを舞台に繰り広げられる人間模様を描いた人気作!
▼第161話/メイル▼第162話/50%&50%(フィフティフィフティ)▼第163話/課長ステイ▼第164話/土俵際▼第165話/タイフーン・リザーブ▼第166話/スーザンの夏▼第167話/コメントカード▼第168話/アカウンティング▼第169話/ミスヒヤリング ●登場人物/赤川一平(プラトン・フロントマン)、東堂克生(プラトン・マネージャー)、松田利春(プラトン・フロントマン)、倉田裕美(プラトン・フロント係) ●あらすじ/プラトンの若いメイル係・井上。仕事も覚え大きなミスもない彼は、自分ではすっかり一人前に成長したと思い込んでいる。ある日そんな彼のもとに、「井上はサシミだ。テンプラをめざせ」という意味不明の葉書が届いた(第161話)。▼セクレタリーの真理は10年前アメリカのホテルで働いていた。そのとき同僚だったホテルマンの娘が、東京のプラトンにやってきた。彼女は日本文学を学ぶために来日したはずなのだが、なぜか夏休みの間中プラトンでアルバイトがしたいと言い出す…(第166話)。 ●その他の登場キャラクター/プラトン・メイル係・井上(第161話)、プラトン常務・矢野(第163話)、プラトン京懐石「桂屋」女将(第163話)、沖縄プラトン嘱託スタッフ・山崎(第165話)、プラトン・オーナー秘書・佐伯真理(第166話)、プラトン契約医師・神保(第167話)、プラトンバンケット担当・村井淳子(第167話)

あなたにオススメ!

  • HOTEL 13
  • HOTEL 14
  • HOTEL 10
  • HOTEL 17
  • 土竜(モグラ)の唄 17
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ