ビッグ コミックス

あぶさん 43

鰻酒

あぶさん 43
定価
534円(税込)
発売日
判型/頁
B6/234
ISBN
4091817238
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
酔いどれの代打屋・あぶさんを通し、悲喜こもごもの人生を描く巨篇!
▼第1話/竜馬が打つ▼第2話/審判も人の子▼第3話/初がつお▼第4話/入梅▼第5話/MAJOR LEAGUE▼第6話/親不孝通り▼第7話/鰻酒▼第8話/帰ってき鷹▼第9話/三振セレナーデ▼第10話/ワンポイント ●登場人物/景浦安武(通称あぶ。福岡ダイエーホークスの選手で大酒飲み)、サチ子(あぶの妻)、桂木虎次郎(大阪・ほとけ横丁の大衆酒場「大虎」店主) ●あらすじ/福岡ダイエーホークスの一員として開幕を迎えたあぶ。しかし、あぶのバットからは快音が聞こえてこない。そんなある日、あぶは小説家・武藤ワカの話からひとつのヒントを得る(第1話)。▼あぶの打席のみ登板するロッテの大楽は、これまで99打数19安打と、あぶを抑えこんでいた。しかし、記念すべき100回目の対決で、大楽は得意のシュートを完璧に打たれてしまう(第9話)。 ●本巻の特徴/どことなく大虎を思わせる居酒屋・二郎丸との出会い(第3話)や武藤ワカとの交流から、あぶが九州になじんでいく様子が伝わってくる。また、田中早苗と三たび再会する。

あなたにオススメ!

  • ダイヤモンド 2
  • 愛しのバットマン 4
  • やったろうじゃん!! 6
  • お~い!竜馬【新装版】 6
  • キャットルーキー 20
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ