宗像教授伝奇考 3
ためし読み
定価
本体1238円+税
発売日
判型/頁
A5/254
ISBN
9784091816689

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2017/11/17
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第13話/佐用姫(さよひめ)の河▼第14話/彗星王・羅(らごう)編▼第15話/彗星王・計都編▼第16話/牛王(ごおう)の訪来▼第17話/瓜子姫殺人事件▼第18話/酒呑童子異聞▼「酒呑童子異聞」創作ノート▼おまけ漫画/宗像教授ゾンビ考

●主な登場人物/宗像伝奇(むなかた・ただくす。東亜文化大学で民俗学の教鞭を執るかたわら、日本各地に伝わる神話、伝説の謎や由来を解明している)
●あらすじ/佐賀県・末廬川に完成した河口堰は、生態系に大打撃をもたらすとして激しい反対運動にあっていた。乱開発により山林が保水力を失い、今また河口堰によって雨水が行き場を失うので、水害の危険性も高まるばかりという…。ちょうどそのころ、河川の水害を防ぐための生け贄として語り伝えられた「佐用姫」の伝説を追って、この地を訪れた宗像を待つものは…?(第13話)
●本巻の特徴/狂牛病と牛王信仰、公共事業と佐用姫伝説。古来より伝わる謎に挑む、現代に生きる民俗学者……宗像教授の伝奇ロマン&ミステリー!
●その他の登場人物/忌部捷一郎(派手な仮説が売りの歴史研究家)、宗像樹・瑞・瀧(いつき・たぎり・たき。宗像の亡くなった兄の娘たち。実家の海照火明神社で巫女をしながら神社を守っている)
〈 電子版情報 〉
宗像教授伝奇考 完全版 3
Jp-e : 091816680000d0000000
東亜文化大学の民俗学の教授・宗像伝奇(むなかたただくす)は、日本各地に伝わる神話や伝説を取材し、はるかな古代そこで実際に何が起きたのか、を奔放な想像力と行動力を武器に解き明かしていく。古代史ミステリーの巨編が、多くのカラーページ、おまけ漫画、創作ノート、さらに宗像教授シリーズとしてNHK出版より刊行された「クビライ」丸ごと一冊をも加えた完全版で登場! さらに電子版には宗像教授シリーズ単行本には初収録となる読み切り「スサノオ最後の戦い」も第8集に追加しました。
●第3集の特長/第13話「佐用姫(さよひめ)の河」の冒頭をカラーで収録。/「酒呑童子(しゅてんどうじ)異聞」創作ノート収録。/描き下ろしおまけ漫画「宗像教授ゾンビ考」収録。
●あらすじ/佐賀県・末廬川に完成した河口堰は、生態系に大打撃をもたらすとして激しい反対運動にあっていた。乱開発により山林が保水力を失い、今また河口堰によって雨水が行き場を失うので、水害の危険性も高まるばかりという…。ちょうどそのころ、河川の水害を防ぐための生け贄として語り伝えられた「佐用姫」の伝説を追って、この地を訪れた宗像を待つものは…?(第13話)

あなたにオススメ!

  • 宗像教授異考録 11
  • 宗像教授異考録 10
  • 宗像教授異考録 4
  • 宗像教授異考録 5
  • IWAMAL 8
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ