ビッグ コミックス

人間交差点(ヒューマンスクランブル) 20

薄彩☆(うすだみ)☆

人間交差点(ヒューマンスクランブル) 20
ためし読み
定価
本体485円+税
発売日
判型/頁
B6/218
ISBN
409181140X

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2012/10/11
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
愛と憎しみ、喜びと哀しみが織りなす無限の人間ドラマを描く珠玉の名作
▼第1話/坂▼第2話/猛女▼第3話/薄彩▼第4話/休日▼第5話/白夜▼第6話/声▼第7話/草原▼第8話/道 ●あらすじ/幼い頃、急激に普及したカラ-テレビは、明るい未来の象徴だった。そして、TV局で番組の制作をしている父を、裕子は自慢に思っていた。だがある日、若い女の肢体を執拗に追い続ける父の視線に気づいた裕子は、一瞬で父に幻滅する。そして時が過ぎ、年老いた父は…(第1話)。▼新興宗教の教祖だった母が死んだ。母をうとましく思っていた息子の豊は「おまえは姿も性格も母親似だ」という父の言葉にショックを受ける。だが、十数年後に父が死に、彼が実は、母の子ではなかったことが父の遺書で明らかになる(第2話)。▼両親から受け継いだホテルのオ-ナ-として君臨していた慶子は、幼なじみであり、彼女を慕う支配人の小宮英太にいやがらせをすることを日常の楽しみとしていた。だが、そんな慶子に営業の才覚などあるわけもなく、ホテルの経営状態は悪化の一途をたどった。小宮の奔走で、やっと融資をとりつけるのだが、融資の条件は慶子にホテルの経営から一切手をひかせることだった。そして慶子はホテルを去っていったのだが…(第3話)。
〈 電子版情報 〉
人間交差点 20
Jp-e : 091811400000d0000000
幼い頃、急激に普及したカラ-テレビは、明るい未来の象徴だった。そして、TV局で番組の制作をしている父を、裕子は自慢に思っていた。だがある日、若い女の肢体を執拗に追い続ける父の視線に気づいた裕子は、一瞬で父に幻滅する。そして時が過ぎ、年老いた父は…

あなたにオススメ!

  • 人間交差点(ヒューマンスクラ…
  • 美味しんぼ〔小学館文庫〕 3…
  • こまねずみ出世道 2
  • 太陽の黙示録 17
  • 三丁目の夕日 夕焼けの詩 2…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ